■事務局ひとり言■
花の参道
花の参道

2010.4
2010.2
2010.1

2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1

2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1


2006.12
2006.11
2006.10
2006. 9
2006.8
2006.7
2006.6
2006.5

最近、いとこを肺がんで亡くしました。67歳でした。またその弟(わたしと同級生)も3年前に膵臓がんで亡くなっています。因みにわたしの父は40年以上も前に50歳で脳溢血で倒れそのまま逝きました。母は寝たきりになりましたが91歳です。わたしは長い間、自分の血筋はがん系統ではないと思い込んできましたが、いとこ二人の病死を考えると、もしかしたらわたしもこの先がんを発症するかもしれない、とやたら気になってきました。

国民の二人に一人ががんを発症するという時代です。がんは恐いというイメ−ジですが、我が身に潜んでいるから免疫力を高めるなどの対応が必要です。わたしの場合は、生活習慣の中で、特に精神面の改善が必要のようです。例えば、イライラしない、腹を立てない、怒らない、よく笑うなどでしょうか。笑う門に福来たる。昔の人はいいことを言ったものです。日常の中ではどうしたら笑えるか。わたしの場合はどちらかと言えば堅い方で、冗談がうまく言えない性格なだけに、鏡を見て作り笑いから練習するしかありません。いい笑顔をしているよ、と人様に言っていただけるようにぜひなりたいものです。

一方、どちらかと言うと忍耐強い方かも知れません。何事にも飽きを感じない性格のようです。一言で言えば鈍感な人間ということなのでしょう。仕事や人や趣味や食べ物などは飽きずに長続きするような気がします。今の職場は6月がくるとちょうどまる36年になります。長いかどうかは一概に言えませんが、仕事に飽きたことはないと思います。それは高度経済成長時代や、今の職場やいい上司や仕事仲間に恵まれたからでしょう。この点は大いに感謝しています。

職場の年度末は3月末なので、2月頃から定期総会の終わる5月末頃までが仕事の忙しいシ−ズンでしょうか。毎年、花見やゴ−ルデンウィ−クと重なります。今の仕事をしている間はそれらを充分に楽しむのは多分無理ではないかと思いますが、ちょっとした仕事の合間などに、外に出て綺麗なサクラを楽しんだり、若葉の風を胸一杯に吸い込んで、心ウキウキ青春の気分を取り戻したいと思っています。

 

緑の風
緑の風

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点47」へ   

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ