■事務局ひとり言■



2011.9
2011.8
2011.7
2011.6

2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1

2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1

2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1

2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1


2006.12
2006.11
2006.10
2006. 9
2006.8
2006.7
2006.6
2006.5

一番の楽しみは食べることである。焼酎などのアルコ−ル類を飲むのはその後ぐらいになる。昔、ハタ・ボウリングセンタ−の谷清さん(故人:当時全公協副会長)からは、ドカベンと言われたことがある。谷さんとは池袋のうな鐵などで飲んだり食べたりした。二人の好物はうなぎの肝の串焼だった。旨くて栄養があった。他にもあれこれ注文してご馳走になった。黄泉の谷さんへ、聞こえていますか? 全公協の事務局が、JBCの中から独立する際などで、いろいろとお世話になりました。昔の記憶がだんだんと曖昧になる中で、谷さんのことは、今でも鮮明に覚えていますよ。

谷 清さん 三重県桑名市・船津屋にて(昭和55年)
谷 清さん 三重県桑名市・船津屋にて(昭和55年)

この夏は塩辛に凝っている。一日に一度は食べる。静岡の小田原や、伊東の店の塩辛が気に入っているが、遠いのでなかなか手には入らない。仕方なく近くのス−パ−のモノで間に合わせる。また塩辛はそのままでは食べない。生臭ささが気になるので、臭みを消すために、いろいろな調味料を加える。よく使うのが中国の香醋(少しクセがある)、醤油、マスタ−ド、ワサビなど。他にもタバスコ、豆板醤、ワインなどを入れることもある。それらをかき混ぜて、オカズと一緒にかけ込む。味は複雑過ぎて表現しにくい。塩辛の食べ方としては邪道? だろうか。他人にはすすめないが、わたしはこの食べ方が大いに気に入っている。

またゴハンには水をたっぷり加えてお茶づけのようにしてすする。そういえば、宮崎の冷や汁の食べ方に似ている。こうすると暑さの中でも食が一段とすすむ。むしろすすみ過ぎる。茶碗に3杯は軽い。そして濃い味なので塩分摂取も多いはず。だから、水分を一日に3リットル以上飲む。結果、わたしが四つん這いになれば、カバと見間違われるに違いない。血圧は今のところ76−121と低く目だが、この先は食をセ−ブし塩分も減らさねば…。それはアタマでは分かっていても、秋風が吹くころまでは止められそうにない。


土ものの器たち

久し振りに、田舎(新潟県小千谷市)へ帰ってきた。行き帰りとも、上越新幹線の窓からは、稲穂の波をずっと眺めていた。目に入るミドリの色々に、心が洗われる思いだった。老人介護施設にいる母親を訪ねた。母はベッドに横たわったまま、眠っているのか否か不明で、大きな声を掛けても応答はなし。92歳と長生きなのだが、認知症の上、自力で立つことすら出来なくなっていた。その姿を見て、わたしの気持ちは複雑だった。自分の将来とタブるのだった。また、楽しみにしていた信濃川での泳ぎと釣りは、水害の影響からか、水はアカく濁っていて、見事に肩透かしを喰らった。それでも、田舎の山や川、緑豊かな自然を眺めると、田舎は別荘地の様だなぁ、という思いが強くしたのだった。

金倉山から撮影(新潟県長岡市山古志)
金倉山から撮影(新潟県長岡市山古志)

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点64」へ   

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ