■事務局ひとり言■

静物 長谷川潔 画
静物 長谷川潔 画

2011.10
2011.9

2011.8
2011.7
2011.6

2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1


2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1

2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1

2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1


2006.12
2006.11
2006.10
2006. 9
2006.8
2006.7
2006.6
2006.5

田舎(新潟)から東京に出てきて42年になる。その間に住まいは転々とした。最初は旗の台(品川区)、そして神宮前(渋谷区)、弥生町(中野区)。それから今の柏市(千葉)に引っ越す前は西早稲田(新宿区)だった。西早稲田は早稲田通りを挟んで醍醐さんと、鶴岡さんのアパ−トに長くお世話になった。

先日、高田馬場(新宿区)にあるシチズンボウル(AMF40レ−ン)で、東京都ボウリング連盟主催の山口国体結団式が行われ、朝早くに顔を出した。シチズンボウルの親会社「シチズン」の企業理念は、“市民に愛され市民に貢献する”(*)で、シチズンボウルもご多分に漏れず、素晴らしい公認競技場であった。ボウラ−ズベンチに腰を下して、この素敵な競技場で、ボウリング・ゲ−ムを楽しむことの出来る市民ボウラ−の幸せを、フト思った。

シチズンプラザとボウリング場内(提供JBC)シチズンプラザとボウリング場内(提供JBC)
シチズンプラザとボウリング場内(提供JBC)

結団式を終えるとその足で、わたしは、かつて暮らした街、かつて住んだアパ−トがどのように変貌したのか、この目で確かめようと、シチズンボウルから早稲田通りを早稲田大学の方向へと歩いた。道路の電柱が無くなって街はスッキリし、キレイになり、マンションが多く建った。また道路沿いにはラ−メンや中華などの食べ物の店が多くなった印象である。古いレンガ建の名曲喫茶「らんぷ」は、店はもう閉じられていたが、建物はそのまま存在した。多分、マスタ−は亡くなったんだろうなぁ。旧店の前に佇んで、懐かしいと言ったらよいのか、さみしいと言ったらよいのか、複雑な気持ちだった。

インド大使館邸の裏にある鶴岡さんの古いアパ−ト(母屋と一軒屋)は、昔のままだった。今も使われている様子だった。木戸の横には松が、台所の方には竹が植えてあって、まるで昨日まで、自分が暮らしていたかのような錯覚に陥った。古い木造の建物だけれども、大事にされていることに感心した。大事に使えば木造も長生きするのである。よく通った銭湯は大きなマンションに。また醍醐さんの二棟の木造アパ−トにはマンションが建ち、母屋も立て替えられ、庭のスペ−スも無くなっていた。当時、年老いた醍醐ばぁちゃんが住んでいた面影は、跡形も無くなって、わたしは、まるで浦島太郎か、マボロシを見ているかのように、呆然として、そこを後にしたのだった。

*“市民に愛され市民に貢献する”とは、“市民に愛され親しまれるものづくり”を通じて世界の人々の暮らしに広く貢献することです。(シチズンのHPより掲載)

かぐわしき大地 ゴーギャン 画(今迄で一番感動した絵)
かぐわしき大地 ゴーギャン 画
(今迄で一番感動した絵)


前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点65」へ   

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ