■事務局ひとり言■

ASロ−マ時代の中田英寿選手
ASロ−マ時代の中田英寿選手

2011.12
2011.11
2011.10
2011.9

2011.8
2011.7
2011.6

2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1


2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1

2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1

2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1


2006.12
2006.11
2006.10
2006. 9
2006.8
2006.7
2006.6
2006.5

ボウリングを除くと他のスポ−ツではサッカ−のファン。ひいきのチ−ムは住まいのある地元の柏レイソル。黄色のユニフォ−ムのチ−ムだ。とくに好きな選手はいない。またサッカ−といえば、今年はなでしこジャパンとサムライブル−の試合をテレビ観戦し、ワクワク、ドキドキ、随分と楽しませてもらった。日本を代表し、選手とベンチが一体となり点を取りに行く、また守る姿にいつも感動する。

それにしてもこの一年、日本のサッカ−のレベルは驚くほど上がった。また昨年J2だったレイソルは、今年はJ1で優勝争いをしている。レイソルにとっては残り少ない試合の一戦、一戦がまさに決勝戦のようだ。そんなこんなで目下は、サッカ−から目が離せないでいる。これは今年のうれしい誤算の一つである。

二千年ハス
二千年ハス

ふだんは健康に気をつけているつもりだが、9月の終わりに五十肩になった。朝起きると右肩の付け根の奥に痛みを感じた。おかしいなと腕を上げようとすると、痛みが倍加し、腕が上がらない。正確には、腕を上げようとすると痛さのあまり、腕を上げることが出来ないのだ。他には別に痛みはなし。そのまま2〜3日放置した。

その後、かかりつけの医者に相談したら、患部を温めた方がいいよ、とアドバイスしてくれた。それからは毎日、朝晩、市販のカイロを痛みのある腕の付け根に貼った。またテレビで、五十肩は肘を付けてのテ−ブル拭きの動作が効果あると言うのを聞いて、こちらも繰り返し続けた。1カ月過ぎたころから、腕の付け根の痛みが幾分和らぎ出し、腕が少しづつ上がるようになった。(この二つの処方せんは効果があった。テ−ブル拭きの動作は予防によいかも=10回×1日3回)

五十肩はまだ完治していないが、回復が実感できてうれしかった。一足早く、心の中では両手を一杯に上げて、万歳を叫んだのだった。気持ちが晴れ晴れと。五十肩は老化現象なのだろうが、寝相の悪さで肩を冷したことも、引きがねになったに違いない。そこまでは気が回らなかった。この冬は、フトコロ具合の冷え性とは別にして、せめて右肩だけでも、常夏のハワイのような暖かい環境を実現させてあげたいと思った。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点67」へ   

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ