■事務局ひとり言■

アイルランド モハーの崖
アイルランド モハーの崖
 
2013.5
2013.4
2013.3

2013.2
2013.1

2012.12
2012.11

2012.10
2012.9
2012.8
2012.7
2012.6

2012.5
2012.4
2012.3
2012.2
2012.1

2011.12
2011.11
2011.10
2011.9

2011.8
2011.7
2011.6

2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1


2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1

2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1

2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1


2006.12
2006.11
2006.10
2006. 9
2006.8
2006.7
2006.6
2006.5

今の職場に入ったのは昭和49年6月。最初の事務所は、渋谷区神南の皆川ビル8階。東京都ボウリング連盟の一角を衝立で区切ってスタート。あの日からこの6月で39年になる。この間に事務所は7回引っ越し。今振り返ってみるとアッという間だった。そして、たくさんの人との出会いと別れがあった。この先あと何年仕事ができるか。せめて今までお世話になった方々に、少しでもお返しができればよいのだが…。

フランス モンブランのロープウェー
フランス モンブランのロープウェー

たまたま全国と関東と東京の事務局の仕事をさせて頂いている。個人的には何も自慢することがないが、組織は別である。関東地区連合が主催している、オール関東ジュニアボウリングトーナメントは、全国に誇っていい企画だと思う。3月下旬に開催されたが、小・中・高生366名が参加した。年々増えている。ジュニアの裾野が広がるかどうかは、業界の将来の盛衰を左右する。一人でも多くのジュニアがボウリングを体験し興味を持って、生涯にわたってボウリングに親しんでいただけたら、こんなうれしいことはない。ボウリングルネッサンス。その中核となるのは、ジュニアであろう。

中国 蘇州の夕景
中国 蘇州の夕景

4月中旬に群馬県伊香保温泉で、関東地区連合と関東公協の懇談会があった。出席者は35名。両者の懇談時間が十分に取れなかったのは残念だったが、この会合は二度目。一都七県を代表する顔ぶれがそろった。こうした会合を通じて出席者の気持ちが一つになり、業界や組織の閉塞感に風穴を開けることができるとしたら、会合の持つ意味は深い。会合の後、温泉の湯船に浸かりながら、今年はどこかで一つ風穴が開くかも知れない、とフト思ったのだった。

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点84」へ   

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ