■事務局ひとり言■

湯島台雪景 向井潤吉 画
湯島台雪景 向井潤吉 画
 
2014.3.1
2014.2.1
2014.1.1
 
2013.12
2013.11
2013.10

2013.9
2013.8
2013.7
2013.6
2013.5
2013.4
2013.3

2013.2
2013.1

2012.12
2012.11

2012.10
2012.9
2012.8
2012.7
2012.6

2012.5
2012.4
2012.3
2012.2
2012.1

2011.12
2011.11
2011.10
2011.9

2011.8
2011.7
2011.6

2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1


2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1

2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1

2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1


2006.12
2006.11
2006.10
2006. 9
2006.8
2006.7
2006.6
2006.5

2月は大雪が二度も降った。いずれも週末で、ボウリンク場の営業は、キャセルなどが続出して、散々だったようだ。千葉県の柏市でも東京以上の降雪で、雪かきに追われた。雪国育ちで、雪の扱いには慣れているはずであったが、腰や腕が痛くなった。寄る年波には勝てずであった。また凍った雪道で転んだら骨折しかねない。雪の降らないことを、願ってはいたが、自然現象にはかてなかった。飛躍して、この先、大地震や津波・洪水、竜巻などの災害に遭わないとも限らない。一寸先は闇である。日頃から自分には、生ある限り災害あり、と言い聞かせている。

イチリンソウ
イチリンソウ

ソチ・オリンピック。普段はほとんどテレビを見ないが、いくつかのシ―ンは観ることが出来た。中継で観たのはカ―リング。今までは馴染みのうすい競技だったが、観戦してみてその面白さが分かった。また幾つかの競技では新星が現れメダルを獲得した。中でもスノ―ボ―ドの平野歩夢選手(銀)、女子ハ―フパイプの小野塚彩那選手(銅)は、同郷(新潟県)の若者であった。また3月にはJリ―グが始まる。地元柏レイソルの活躍が待たれる。わたしの場合は、スポ―ツに限らず何でも、郷土と地元びいきの傾向が強く、これは生きている限り変わらないはずである。

ニオイズイセン
ニオイズイセン

冬も2月後半辺りになると、体が寒さに馴れてくる。自宅の部屋の温度は12℃位。今年はツバキの他に、沈丁花やスイセンなどの花が咲き、一足先に春の香りが漂っていた。最近は草木や花などに惹かれる。花好きになったのか?いつも利用する植木屋のオカミさんに「キレイでしょうね」と声を掛けられたが、「華やかですよ」と応じた。花は人の気持ちを和ませ、楽しませてくれる他に、神仏への捧げものでもある。人生の終盤戦を迎えた今は、花やお茶などを楽しみ、あと20年位(母親同様に)元気でいたいもの、これは切なる願望である。

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点94」へ   

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ