■事務局ひとり言■

明けゆく湿原 尾瀬ヶ原
明けゆく湿原 尾瀬ヶ原
 
2014.8
2014.7
2014.6
2014.5

2014.4
2014.3

2014.2
2014.1
 
2013.12
2013.11
2013.10

2013.9
2013.8
2013.7
2013.6
2013.5
2013.4
2013.3

2013.2
2013.1

2012.12
2012.11

2012.10
2012.9
2012.8
2012.7
2012.6

2012.5
2012.4
2012.3
2012.2
2012.1

2011.12
2011.11
2011.10
2011.9

2011.8
2011.7
2011.6

2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1


2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1

2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1

2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1


2006.12
2006.11
2006.10
2006. 9
2006.8
2006.7
2006.6
2006.5

 ここ15年位は、自宅と職場を往復するだけの毎日だった。地元のことには無頓着。久し振りに自転車で家の周辺を回ってみてその変わり様に驚いた。灯台もと暗しである。かつては、東京・文京区の大きなグランドだった所に、新築住宅86戸が建ち並び販売されていた。見た感じでは新しい町の誕生である。また自宅から自転車で5分位の距離の所に手賀沼がある。ここには国土交通省の北千葉導水路が作られていた。利根川の水を江戸川に流す施設(距離30q=ほとんどが地下トンネル)。手賀沼の畔は、サイクリングとジョギング・ウォ‐キングのコ‐スが整備されていて、多くの市民(老若男女)が利用しているのを目にした。新たな発見で驚きだった。かつては散歩する人さえまれだった。世の中の健康志向の高まりなのか、サイクルスポーツやジョギング・ウォ‐キングがブ‐ムのようである。もしかしたらここ10年くらい続くボウリング参加人口の減少要因は、案外こうしたことが原因かもしれない。人々は野外に、そして総合ショッピングC・アウトレットやテ‐マパ‐クなどの施設、国内・海外旅行に流れているようだ。人の流れはまたお金の流れでもある。また最近あるボウリング場関係者は、高校生・大学生が減少していることに頭を抱えていた。世の中の余暇の過ごし方や消費行動が大きく変化していて、ボウリング場の経営は年々きびしくなっているようである。

ヒマワリ畑・山梨県
ヒマワリ畑・山梨県

 高校生までの夏は、信濃川で泳ぐことと魚釣りに熱中した。宿題をほったらかしにして、一日中信濃川で遊んでいた。そんな子どもは、他には見あたらず、わたしばかりで、釣りバカ少年だった。辺りが暗くなるまで釣りをし、そして家に帰って夕食を摂るとバタン9(時)だった。ゴリラのような体型は、その頃の川泳ぎの成果?なのである。また人間年を重ねると気持ちは童心に戻るかのようだ。最近は釣りに気持ちが向かっていた。自転車で手賀沼を巡っていた時に、沼に接した水田の水路で釣りをしている親子を発見。何が釣れるのかとしばし観察していると、小ブナが釣れた。話を聞くとフナやモツゴやテナガエビなどが釣れるのという。この光景を目の当たりにして、眠っていた釣心に火がついた。早速釣具をそろえて小ブナ釣りに挑戦することに…。どんなに暑い夏がやって来ようと釣りは特別で、全く苦にならないから不思議である。

水ごはんと冷やしみそ汁
水ごはんと冷やしみそ汁

 夏バテして食欲がない、という人がうらやましく思う。わたしは逆に夏太りするタイプ。夏の好物はナス炒めとスイカ。それを毎日摂る。そして朝は素麺、昼は決まって揚げ物。トンカツであったり、唐揚げだったりする。昼に軽めの食事だと夜までにハラが空く。そして夜は家内の料理とアルコ‐ルを少々口にする。こうした食生活のおかげかどうかは分からないが、夏バテとは無縁である。塩分も多目で、水も3リットルくらい飲む。汗もよくかく。これでもって、4人兄弟の長生きレ‐スに勝てるかどうかは不明。多分年齢の順にゆくハズである。そのように言えば、弟や妹が安心したり、よろこんだりするにちがいない。

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点99」へ   

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ