健康に役立つ地中海食

 地中海食
地中海食

●健康に役立つ地中海食 医学博士 蒲原 聖可 氏

 スペインやギリシャなど、地中海地方の伝統食「地中海食」は、オリーブオイルを多く使い、野菜や果物、穀物や豆など植物性の食品をたっぷりとるのが特長です。これらの食品には、抗酸化成分も多く含まれているため、地中海食は、健康増進や疾病予防に役立つとして注目を集めています。これまでの研究では、心臓病や認知症の予防作用、動脈硬化抑制作用などが報告されてきました。

 特に、多用されるオリーブオイルにはLDL(悪玉コレステロール)を減らし、HDL(善玉コレステロール)を増やす働きがあるオレイン酸が含まれます。また、オリーブオイルの中でも酸度が低く、質の高いエキストラバージンオリーブオイルには、抗酸化・抗炎症作用を持つオリーブポリフェノールが、一般的なオリーブオイルに比べて多く含まれています。

 米国医師会ジャーナル(JAMA)に、地中海食+エキストラバージンオリーブオイルの、加齢に伴う認知機能に対する働きを検証した臨床研究が報告されました。
 認知機能とは、記憶力、言語機能など、日常生活を送る上で必要な能力のことをいいます。加齢とともに起こる認知機能の低下は、活性化酸素による酸化ストレスや、動脈硬化による血管障害が一因となって起こるとされます。地中海食やオリーブオイルには、こうした血管障害を防ぐために役立つ抗酸化成分が多く含まれます。

 今回の研究では、健康な男女447名(平均年齢66.9歳)を対象に「地中海食+エキストラバージンオリーブオイル(1?/週)」をとるグループ、「地中海食ミックスナッツ類(30g/日)」をとるグループ、「低脂肪食」をとるグループの3つに分け、2003年10月〜2009年12月までの間、経過を観察。それぞれのグループにおける、認知機能などを比較しました。

 その結果「地中海食+エキストラバージンオリーブオイル」をとったグループでは、そのほかのグループに比べて認知機能が有意に優れていることが示されました。また認知機能のうち記憶能については、「地中海食+エキストラバージンオリーブオイル」をとったグループで、最も優れたスコアを維持していることが示されました。

 これらの結果から、地中海食に加えてエキストラバージンオリーブオイルをとることは、加齢に伴う認知機能の低下を抑制する働きがあることが示唆されます。

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点」135へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ