■ボウリング場売上高■

白樺林
白樺林
2017.7
2017.6
2017.5
2017.4
2017.3
2017.2
2017.1
2016.12
2016.11
2016.10
2016.9
2016.8
2016.7

2016.6
2016.5
2016.4
2016.3
2016.2
 2016.1
2015.12
2015.11
2015.10
2015.9
2015.8
2015.7
2015.6
2015.5
2015.4
2015.3
2015.2

2015.1
2014.12
2014.11
2014.10
2014.9
2014.8
2014.7
2014.6
2014.5
2014.4
2014.3
2014.2
2014.1
2013.12
2013.11
2013.10
2013.9
2013.8
2013.7
2013.6
2013.5
2013.4
2013.3

 2013.2
2013.1
2012.12
2012.11
2012.10
2012.9

2012.8
2012.7
2012.6
2012.5
2012.4
2012.3
2012.2
2012.1
2011.12
2011.11
2011.10
2011.9
2011.8
2011.7

2011.6
2011.5
2011.4
2011.3
2011.2
2011.1
2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.3
2010.2
2010.1
2009.12
2009.11
2009.10
2009.9
2009.8
2009.7
2009.2
2009.1

2008.12
2008.11
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1

2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1
2006.12
2006.11
2006.10
2006.9
2006.8
2006.7

●ボウリング場売上高7月1.4%減

 経済産業省発表の特定サ−ビス産業動態統計(確報)によると、7月のボウリング場の売上高は、対前年同月比、1.4%減(13億6千万円)だった。(調査区域8地点=札幌市、宮城、東京、愛知、大阪、広島、香川、福岡)

利用料金収入            1,082 (  − 2.0% )
食堂・売店売上高(直営)       107 (  + 5.6% )
付帯施設利用料金収入       171 (  − 1.3% )
売上高合計            1,360 (  − 1.4% ) (単位 百万円)

■ボウリング概況

 7月の売上高は、前年同月比1.4%減となった。内訳をみると、「利用料金収入」は2.0%の減、「食堂・売店売上高」は5.6%の増、「付帯施設利用料金収入」は1.3%の減だった。また、利用者数は1.4%の減だった。

●対個人サ−ビス業の前年同月比

《増収》
遊園地・テーマパーク        + 3.2%
ゴルフ場                       + 1.7%
フィットネスクラブ              + 1.4%

《減収》
ボウリング場               − 1.4%
ゴルフ練習場                 − 2.3%
パチンコホール         − 4.0%

「ボグ交差点137」へ  次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ