長生きできる人の生活習慣5つ


●長生きできる人の生活習慣5つ

 うちは長生き家系だから大丈夫だって思っていませんか?遺伝子での病気は心配しなくてよさそう。でも遺伝子だけでなく、長生きには性格や生活、食習慣も関係してくるのだそうです。ご先祖様が100歳まで生きたからといって、自分も……とは限りませんよ!



★  長生きできる人の代表的特徴

■1:低カロリー・高栄養食を実践

1日の摂取カロリーを1,400〜2,000kcal程度に抑える。
野菜など低カロリーでも高栄養の食品をたくさん食生活に取り入れると心臓が若返るという研究結果が出ています。

■2:お茶をよく飲む

お茶を1日5杯以上飲む人は、心臓疾患や発作で死亡する確率が最も低いことがわかったそうです!

■3:毎日ウォーキングやジョギングをする

1日30分程度のウォーキングやジョギングは若返りの第1歩とも言えます。

■4:社交的で楽観的性格である

ポジティブ・社交的・楽観的の3要素が長生きの秘訣。
ストレスは人間を4〜8歳も短命にするそうです。
「自分に関しては注意深く考えて行動するが、気楽で、物事を深く考えすぎず、ポジティブで明るく、人付き合いのうまい人」というタイプが良さそうですね。

■5:実際の年齢を気にしない

もう年だから…なんていっちゃダメ。
70歳以上の男女を対象とした調査では、健康なシニアは平均で「13歳若く感じる」という結果が出たそうです。実際の年齢にとらわれず、若々しい気持ちを持ち続けることが、長寿の秘訣なのかもしれませんね。

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点137」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ