長生きできる人の生活習慣5つ


1:ストレス


ストレスは心臓発作や高血圧など病気の原因になるだけでなく、テロメアを短くし、老化や短命の原因にも繋がるそうです。

2:炭酸飲料の飲みすぎ


カリフォルニア大学サンフランシスコ校が行った研究によると、毎日約600mlの炭酸飲料を飲み続けることで、テロメアに悪影響が出て、結果的に4.6年も老化が早まるという結果が出たそうです。
「じゃあ、少しならいいのね」と飲む量を少なくしても、毎日の積み重ねで結局老化につながるそうですので、注意しましょう!

3:食生活の偏り
 

肉好きは要注意! 化学調味料や合成保存料の入ったソーセージやハム、サラミなどの加工肉や、ステーキや焼肉など赤身肉を多く食べると、やはり寿命が短くなってしまうそうです。

このような食生活を続けていると、心臓病や成人病、ガンなどにかかる危険性もあります。

反対に、野菜や果物を多く取り入れた食生活に変えると、ダメージが防げるそうですので、肉の摂取量や種類には注意してくださいね!

4:タバコ


喫煙が健康に悪影響を与えることは周知の事実ですね。老化の進行が早まったり、ガンなどにもかかりやすくなったりするそうです。

タバコは百害あって一利なし。今吸っている人は、早めにやめましょう!

5:アルコール


日本人のストレス解消というと、真っ先に頭に浮かぶのがお酒。でも、たまにたしなむ程度なら楽しいし美味しいお酒も、度が過ぎると健康にさまざまな害を及ぼす一因となります。

アルコールも老化や短命の原因となるそうです。

前の「記事」へ戻る 「ボグ交差点138」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「ボグ交差点・目次」へ