全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

 普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!


平成17(2005)年8月8日号

はじめに

 

わが国のボウリングは、1970年代の大好況を背景にした

「経済右上がり時代」の消費ブームをきっかけに普及しました。

 経営の最大要件は、良い立地と目新しい設備、良い接客技術

と景気動向だけでしたが、現場は営業開発よりも前年対比だけ

がおもな話題でした。

 

 その結果、ほとんどのボウリング場は、中央の組織が行う

マーケテイング(話題つくり中心の手法)に頼ってしまい、

「地元で自らの手で顧客をつくる」本来的な仕事が疎かに

なってしまった感があります。

 

 しかし、若者やヤング・フアミリーにとって、ボウリング

が「だんだんレトロ化!」して行く危険はないのでしょうか?

少しでもこのような兆しが見え始める前に、主に単純娯楽で

あることを打破する*新しいマーケテイングに挑戦するとき

ではないのでしょうか?

*あのASに匹敵する、みなを魅了するハード・ウエアが

開発できないでいる・・・。

 

 また、現代は時代や社会のニーズを的確に捉えなければ、

企業活動は決してうまく行きません。ボウリングを取り巻く

人々で、とくに*体育スポーツ行政の動きに敏感に反応する

ことがもっとも大切です。

*文部科学省「総合型地域スポーツ・クラブ」構想に

参加・協力することが、目下の最大テーマです。

 

 本コラムは、地域社会の属性別・目的別のニーズに立脚、

全国の成功と失敗の活動を明快に分析します。本件では、

業界最多の全国的な活動実績をもつ研究者、宮田哲郎氏に

執筆を依頼いたしましたので、居ながらにして最新の知見

に触れることができると期待しております。

 

 2005年8月 全国ボウリング公認競技場協議会

 

筆者-宮田哲郎*筆者紹介*

宮田哲郎 みやた・てつろう

日本体育学会・日本体育スポーツ経営学会会員。

(社)日本プロボウリング協会マスター・プロ。

1969年にプロ入り、常務理事などを歴任し、

スポーツ史や体育社会学などの講座を持つ。

 

「ボウリングでぐんぐん健康になる本」で大賞

(ボウリング出版部門)を受賞。JBCオフイシャル

ブック「スポーツ・ボウリング入門」、ベース

ボール・マガジン社のロング・セラー「スポーツ

・ボウリング」などの技術書がある。

 

 ほかに、学校現場に普及している「学校体育

ボウリング・カリキュラム」幼・小・中・高・

大学・専門学校(OBSK)など。

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ