全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!


平成17(2005)年8月8日号

新時代のダイナミズム(1)

ボウリングとボウリング産業

 

 はじめまして!

 業界でもっとも有名なコラムを任されて、緊張しています 。

 

 さて、このトップ・ページは、いま我々がおかれている情勢を

見事にまとめました。私風に言い換えると、旧態 依然とした

トレンド・マーケテイング手法に限界が迫る中、早く「提案型

マーケテイングへ出発しよう!」となります。

 

 そうしないといけない理由が、現場には沢山あります。

 人口構造の急変(ヤング世代の減少,老人の増加)と常連

さんの高齢化と引退、建物と設備の老朽化・管理スタッフの

業務にマンネリ傾向が顕著であることが憂慮されます。

 

 大方の皆さんは驚かれると思いますが、3,000万人

もの来場者は、営業上は大した意味はないと思います。

 野球に例えれば、「キャッチ・ボール」だけで、本当の

「ベース・ボールを楽しむ」ところへ誘導できていないの

です。

 

 私はここに基本的な問題解決のヒントがある思い、

同志の経営者の参加を得て、試行錯誤を繰り返している

ところです。思えば、現在のように単純娯楽のアイテムに

してしまったのは、長い歴史とやむにやまれぬ業界事情が

あったのです。

 

 しかし、私は「これからでも、十分に間に合う!」と

思います。企業の商業的発想ではなく、国家的なスポーツ

・キャンペーンに*協力する中に明らかな活路があるから

です。前置きはこれで終わり! 本文に入りましょう。

筆者-宮田哲郎宮田哲郎 日本体育学会・日本プロボウリング協会

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ