全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!


平成17(2005)年8月8日号

 第1章

キャンペーンに手を上げる、深い理由

 

 どのような企業も、正当な利潤と背景に地域の人々の支持

がなければ成り立ちませんが、手を上げる最大の理由が営業

だったら、はじめから止めたほうが良いかもしれません。

 

 見え見えの商業目的は、文科省の「高い志」に合わない上

、行政や市民の共感を得ることができません。そのあげく、

低俗な娯楽場とかボウリング自体が失格と思われるでしょう。

 

 *全公協パンフレットをもう一度、読み直してください。

 我々の理念と合い通じる人々(オピニオン・リーダーが、

教育委員会や体協、子ども会や学校PTAにも存在すること

に注目してください。*全公協センターには、すでに配布済みです。

 

 オピニオン・リーダーの周りには、将来 リピーターや

フアンになる人々が集まるものです。リーダーは*ボウリング

の「本当の価値」を理解しているので、時代時代の大衆を動員

するマンパワー(識見と人脈)の源になるのです。

 

*ボウリングの本当の価値とは: @健康・美容の促進機能

Aコミュニケーション機能 B道志向にも耐える高い競技性

 

(1)地域のリーダーに招待体験会を提案!

 

 地域には教育委員会が任命する*非常勤公務員たる体育指導

委員、大学など学校の先生方、青少年育成協議会やPTAの役員

などがいます。*世間でよく言う、普通の体育指導員と違います。

 

 有難いことに、この種目は万人に愛され、なによりも文句なし

に楽しいので、「総合型の大義名分があれば」取り入れやすいの

です(倉敷市ボウリング場協議会と高松市体育指導委員会の

ボウリング研修会を参照)。

↓それぞれの画像・タイトルをクリックすると拡大します↓
資料1「倉敷市ボウリング協議会パンフレット」へ 資料2高松市教育委員会の「ボウリング研修会」プログラム へ
倉敷市ボウリング場協議会
パンフレット
 高松市教育委員会
「ボウリング研修会」プログラム

 

 今まで、ボウリングが単純娯楽からなかなか踏み出せなかったの

は、昔から供給サイドに大きな問題がありました。個人や社会が

ボウリングに求めるニーズを定性分析、*本質的な機能を科学して

世に問う行動が「あまりにも少なく、かつ散文的」だったのです。

*スポーツ科学研究と実験データが極めて少ないことなど。

 

 かくして、文科省構想に参加するなら、ボウリングが遊びの道具

ではなくスポーツでなければ成り立ちませんが、「現代スポーツの

定義と時代社会のニーズ」は、来月のテーマといたしましょう。

 

 また、次回は教育委員会や学校体育(最初は幼稚園)の実際を

取り上げますが、「思い付きレベルでは通用しない仕事」です。

近いうちに、実際業務の研究会(1。5日必要)を開催したいと

望んでいます。

↓画像・タイトルをクリックすると拡大します ↓画像・タイトルをクリックすると
「全ページ」を見る事が出来ます
資料3「総合型クラブ会員の世代分布理想と現実」へ 資料4.全公協-宮田哲郎執筆「みんなで応援しよう!総合型地域スポーツクラブ」パンフレット へ
総合型クラブ会員の世代分布
理想と現実
全公協 宮田哲郎執筆
 「総合型地域スポーツクラブ」パンフレット

 

−次回予告(第2章)

@人はなぜスポーツするのか。

A総合型クラブのボウリング・ニーズ。

B事例解説:

 1.教育委員会への提案「社会体育セミナー」

 2.北海道・網走管内教育委員会

 3.愛知県西春日井郡・西春町など

 

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ