全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!


平成17(2005)年9月1日号

新時代のダイナミズム(2)

ボウリングとボウリング産業

 

 前回、若者人口の急減とボウリングというアイテム(商品)が、

しだいにレトロ化してくること、業界主流であるトレンド・マーケ

テイングの手法には、依存できなくなるだろうと申しました。

 

 更に、活路は提案型マーケテイングで、「キャッチ・ボールに満足

している」人をベース・ボールの高度な楽しみへ誘導することだと

も言いました。リピーターとかフアンをつくることです。

 

 キャッチ・ボールとは、年間4−5回ボウリングを楽しんでいる

「一見いちげんさん」のことで、提案型なら数倍以上もリピートする

「ボウラー」にまで育てるノウハウも十分にあるのです。

 

 人集めと教育の「一石二鳥」策は、国策スポーツキャンペーンに

参加することで実現できます。しかし、だからと言って商業的な

動機だけで参入するのは、断じて止めるべきだと思います。

 

 数ある商業スポーツ施設でも、ボウリング場だけは、純粋動機で

協力すべきです。全公協の基本理念からすれば、当然でしょう。

ちなみに僭越ですが、御社経営理念は十分に整備されていますか?

 

 では、前号に続いて第2章です。

 今回は、スポーツ需要の誤解と体育スポーツ行政がボウリング

種目の機能と業界の対応に期待していることをお話します。

筆者-宮田哲郎宮田哲郎 日本体育学会・日本プロボウリング協会

 

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ