全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!


平成17(2005)年9月1日号

 第2章

 

(1)人は、なぜスポーツをするのか

 

 かれこれ35年もプロ・ボウラーをやっている、自分の話です。

ボウリング・スクールでは、一所懸命です。相手が一人だろうが

30人だろうが「みんな上手くしたい」と思っている自分があり、

「いけない、いけない」と思うことがよくあります。

 

 5週間卒業の完全LTBスクールでは、3−4週目からリーグ参加

の動機付けには、ますます気合が入ります。4週目になると、早くも

リーグ申込みが多くなり、「あなた・・・、もう申し込んだ?」などと

言い合う人が目立ってきます。

 

 観察していると、申し込まないか、躊躇している人がいます。

 それとなく理由を聞きますと「先生・・・私はみんなより上達が

遅くて、リーグ(戦)などには、とてもおこがましくて・・・」と

か「みんなに、迷惑をかけるから・・・」と答える人があります。

 

 ここでハンデイキャップ(戦)だからとか言うようでは、コーチ

失格です。だいたい・・・(戦)がいけませんね。入門リーグの目的

は、「ボウリングで親睦」とか「自分自身へのチャンレンジ」なの

ですから、他人のスコアと比較して順位をつけようとか*戦わせる

発想自体が、大きな間違いなのです。

*記録とか勝敗をもっとも大切にする考え方。勝利至上主義。

 

 ある調査によると、スポーツ教室参加理由のベスト・スリーは、

健康のため(約7割)、ストレス解消(約6割)、仲間とのつきあい

(4割)です。驚くのは上達とか勝ちたいと答える人は、せいぜい

1−2割しかいないことです。

 

 参加者の*多様な価値観やニーズに気づかないことがあるのは、

コーチの不勉強か『ひとり、よがり』なのですね。

*国際競技やプロ競技の報道メデイアが、「勝利至上主義」に凝り固まって

いる悪影響。だが、たとえ健康志向でも、いちど上達し始めると「リピート

回数」が増え、勝つことも目的となってくる。

 

(2)体育行政の事情とボウリングがすべきこと

 図表1.をごらんください。

 三世代が複数の種目を一緒に・・・が総合型の理念ですが、

ボウリング種目の特性を考えれば簡単に実現できることです。

また、図表では5歳から25歳までがとくに少なく、40歳代

までの参加人口の増加が問題になっています。

↓画像・タイトルをクリックすると拡大します
資料3「総合型クラブ会員の世代分布理想と現実」へ
図表1
総合型クラブ会員の世代分布
理想と現実

 また、意外なことは業界の人々、とくにボウリング場社員が

、ボウリング種目の『スポーツ特性』や『技術特性』に関する

科学知識が非常に乏しいことです。

 

 国策キャンペーンに参加する以上、このような科学的常識を

しっかりマスターすべきです。*年齢・目的別の評価や技術の

特徴などは、絶対に欠かせない項目です。図表2.はとくに

必須とされるものですが,いかがでしょうか?

↓画像・タイトルをクリックすると拡大します
「健康ボウリング」のテータ集へ
図表2
「健康ボウリング」のテータ集

次回 第3章予告

ボウリングのスポーツ特性:目的別・年齢別の評価

「ジャパン・カップ」に見られる世界一のスキルなど。

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ