全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!


平成18(2006)年2月1日号 

 

 去る1月14日(土)東京の*日体協セミナーに出講

することができました。都道府県広域スポーツセンター

担当者(教育委員会職員)とクラブ育成アドバイザー

(体育協会)が100人以上出席、総合型構想と三世代

に適応する種目の選択、クラブ経営と会員増強戦略など

、ボウリング場経営の視点からお話しました。

*開催要項と詳細は、前号文末のトピックス!参照。

 

 セミナーと今後について

 夏季・冬季と計8日間のセミナー最終日、担当は何と

最終講・・・。私が業界のひとで、プロ・ライセンサー

だから、思い入ればかりの「専門ばか!」と見透かされ

ないように注意(笑い)しました。

 

 もっとも時間をかけたのは、国策になぜボウリングが

欠かせないのか、クラブ経営と人々を吸引する魅力ある

マーケテイング戦略、人々が生涯健康で楽しくスポーツ

を続けるための動機づけ、種目の組合わせなどです。

 

 専門ばかと言えば、1月号のボグ交差点(総合型所見)

でも指摘された、伝統的日本人のスポーツ観とボウリング

評価の乖離は、私がいつも気にしているところです。

 特定種目の「独りよがりの感覚」が、理念を捻じ曲げる

(自分の専門種目に限りなく都合よく解釈してしまう)こと

は、関係者全員が自戒すべきことです。

 

 また、商業スポーツ施設が最も苦心する増客、顧客の

メンテナンスなどについては、直後に高知県と島根県の

担当者から、今後のボウリング種目の導入計画について

問い合わせがありました。今後は、県単位のボウリング

種目を引き合いにしたクラブ・マネージャーや地域体育

指導者の研究会(事例は熊本県教委・体協の研究会)が

開催されるとおもいます。

 

 いままで北九州市・福岡市・横浜市・倉敷市・高松市

宮崎市などで教育委員会・体育指導委員会が主催・後援

する[ボウリング研究会]を担当(12月号)しました

が、この動きは県単位から市町村に移行するでしょう。

 

 こうなると業界全体の課題ですから、JARBA始め

指導者を擁する組織・ボウラー団体や地域ボウリング場

協会などの*個別のテーマとして対応すべきことです。

 *地域によりボウリング場が単体で取り組むことも可能です

 が、地域ボウリング場の共同体(倉敷市)でもできます。

 

 2001年度から始まった総合型地域スポーツクラブ

計画は、ちょうど5年を経て、啓蒙期から活動期に入る

ところです。現在までは、ボウリングだけが協力パンフ

レットを作り、積極的な態度を表明している状況ですが

、今後は「様子見」していた他種目の団体が続々と手を

上げてくるでしょう。

 

 大切なことは[謙虚に提案しつづけること]ですが、

いまは受け皿の整備を進めるときです。総合型計画は、

クラブ・ハウスの設置をすすめていますが、よく見ると

ボウリング場ほど機能的に優れたところはないのです。

 

 革命的で大きな志の前には、ちっぽけな商業的な意図

は似合いません。しかし、少し想像して下さい・・・。

ボウリングを広く普及させたい、ついては典型的な商業

スポーツ施設のボウリング場が、「地域に存在すべき理由

や意義」をPRしたいなら、これほどのチャンスは二度

とはない、のではありませんか?

 

 参加者のニーズに添ったプログラム

 「ボグ交差点」には、実に有意義な提案や貴重なヒント

があります。とりわけ、金沢女子高等学校教諭として活躍

された横川 健先生の「ボウリング部活動が楽しみだった

女子生徒」には、強い感銘を受けました。

 

 38年間、教師をやって初めてのことだったと述懐して

おられますが、私も「体育とスポーツの違い」がくっきり

と見えるような気がいたしました。実は、ボウリング種目

の特性からすれば、テキストやカリキュラム作成で大いに

考慮すべきところと確信しております。

 

 考えて見ると、横川先生の考えと全く異なるベクトルの

スポーツ観が日本中にはびこっています。前述・日本人の

スポーツ観は、第一に弾む息と汗、次が非日常的な場所で

行う種目、そして世界的ルールと競技組織、勝敗などに

あるとされますが、プロ・スポーツ全盛の悪影響でしょう

か、「膨大な賞金」という価値観まであります。

 

 また、第一の価値観は「大きな筋肉を使う」猛烈な筋力

や持久力を意味しますが、ナショナル・スポーツ・キャン

ペーンでは、あえて「まったく馴染まない考え方」と言う

しかありません。体協セミナーではここを強調しましたが

、人の成長と同じく、スポーツも始めは *遊びから入る

のが自然です。

 *ボウリングは単にストレス解消・暇つぶしのようにして

楽しまれる性質(種目の特性)がありますが、実は遊びの

要素が非常に強いから、3千万人もの需要があるのです。

 

 以上のようなわけで、総合型対応プログラム、すなわち

ボウリング・テキストは、10種類を準備してあります。

属性別(キッズ・ジュニア・シニアレデイス・ヤング)と

目的別(子ども会・PTA・町内会・職場運動会・老人会

など)があります。

 プログラムの「一覧表」を添付しましょう。

 総合型対応テキストの執筆は、属性別の個人的ニーズを

満たしながら、クラブ理念の実現を目指す内容を盛り込み

ました(詳しくは次号)。           See、You!!

            宮田哲郎

「文部科学省 総合型地域スポーツクラブ対応ボウリング・テキスト宮田哲郎著」へ

文部科学省 総合型地域スポーツクラブ

対応ボウリング・テキスト
 宮田哲郎著
(↑画像・タイトルをクリックすると
全ページを見る事が出来ます)

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ