全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!


平成18(2006)年3月1日号 

 

 このコラムを始めて、早くも第8章です。

ネットを閲覧するボウリング場経営者は、なぜか

多くないようですが、体育スポーツ行政に関わる方々

から、色々な感想を各地で多く聞くようになりました。

 

 2月の「ブログ」では、ありがたい指摘(ボウリング場

は総合型の情報発信基地)がありましたが、まさに最高

のクラブ・ハウス機能を持っていることが行政や肝心の

ボウリング場にも理解され始めたのですが、実は市民の

方が「ずっと以前から」気づいていたのです。

 

  「玉島スポーツ・クラブ」が発進!!

 今回のトピックスは、岡山県倉敷市のボウリング場

が「自ら、総合型クラブを設立する」ニュースをお話

しましょう。去る2月、県体育協会に設立申請、近々

認可されると思われます。

 

 クラブ母体は、岡山県倉敷市玉島のエイト・ボウル

(会員代表者・小野新太郎氏)ですが、宮崎エースレーン

の宮崎中央スポーツ・クラブについで、自力のクラブ

設立は全国2例目です。商業スポーツ施設を拠点に、

常勤のセンター・スタッフが運営協力するので、市民

にとっても迫力のある、楽しく魅力的なクラブになる

こと必至であります。

 

 岡山県には、クラブの模範とされる「清音スポーツ

・クラブ」がありますが、実はこのエイト・ボウルが

清音(きよね)のボウリング活動の拠点です。その後

、近隣の市町村から「市民ボウリング・スクール」開催

の協力依頼が相次ぎ、将来のさまざまな発展方向が完全

に見えてきました。種目の魅力もさることながら、行政

からのリクエストまでいただくことは、望外の喜び

であります。

 

 私も長く顧問として協力してきましたが、近く開催される

発足会は、倉敷市体育行政のリーダーや有志市民の出席

のもとに、*夢を語り合う楽しい一日になるでしょう。

*認可がおりた時点で、「玉島クラブ設立の経緯」をここで

詳しくご紹介できるとおもいます。

 

     ゴールは何か?

 われわれのゴールは、真の愛好者を発見することです。

 リピーターになる人は地域に無数に眠っており、それを

探し当て、スクールなどで動機付けする作業は、総合型

クラブの理念に添っていることであり、クラブ繁栄に直結

することです。

 

 そもそも、ボウリング種目だけで総合型が成り立つわけ

ではありませんが、ボウリング場に活動拠点を固定して、

常勤スタッフが協力すれば運営はかなり楽になります。

 クラブの大義名分なら、駐車場や会議室も基本的に開放

できますが、なんでも無料で協力するのではなく、同志と

して協力を惜しまないスタンスにあるのです。

 

 前述、ブログでも「市民スポーツ活動情報の発信基地」

になれと指摘しましたが、ボウリング場として考慮すべき

ことは、構想とボウリング場の協力、種目特性の生かし方

であります。半世紀にわたって、ほぼ単純娯楽のニーズに

依存してきた歴史を反省しながら、これから必要とされる

サービスの内容とスキル、「社会的に、最もメジャー」な

スポーツとしてボウリングを普及させる方法を、真摯に

話し合うときであります。

 

 この話し合いは、必ずしも何々協会の会議とは限らない

のです。「志を同じくする個人・有志」のあいだで、十分では

ないでしょうか?そして、各地の現場リーダーとして活動を

始めることです。

 

     リーダーの資質とは?

 閉塞感を打ち破る、困難な時代のリーダーは「熱く、夢を

語り、戦略発想で大きな絵を描ける人」であるべきです。

 真のリーダー・シップとは、単なる技術ではなく、業界に

おける経歴や会社の地位でもなく、ビジョンの実現に情熱を

傾け、大勢の人々を巻き込むことです。

 

 リーダーたる者、自分の考えをしっかり言語化して、原理・

原則を示す確たる持論を表明、必ず行動を伴うものです。その

行動を様々な場で語りあい、仲間を巻き込みながら、現場業務

すなわち「仮説の検証」を営々と続けるのです。

 

 また、リーダーはカリスマでない方が良いでしょう。

 「夢を標準化する普通の人々」が多く集まり、協力し合って

徐々に大きく育ってゆくことが理想ではないかと思います。

 

   総合型構想と体育行政の窓口は?

 (財)日本体育協会は、北海道から沖縄まで全国6ブロック

に分けて、地区企画班の「担当委員長」をおいています。関東

を除き、主に国立大学の教授が務めていますが、ボウリング場

が*連合して当たるなら、良い相談相手になっていただけるで

しょう。その事例や委員長や体協窓口をご紹介することもでき

ますから、JARBA事務局までお問い合わせください。

 *事例:倉敷市ボウリング場協議会(KBC)の活動。

 

 また、47都道府県には総合型クラブ「育成アドバイザー」が

おり、全国で2,000クラブ誕生しているクラブに橋渡しでき

ます。1月の日体協全国セミナーでは、ボウリング場が協力でき

ることを*話しましたので、体協や教育委員会からも問い合わせ

があるかも知れません。

  *総合型クラブの皆様へ、応援いたします!(本稿末尾)

 

 センターは、クラブなどの受け皿整備をはじめるときです。

 どのように協力するのか、専門スタッフはいるか、*ツールは

あるのか(総合型対応テキスト)、総合型とボウリング種目の特性

の適合など、予習をしっかりとしておきましょう。

 

  *私見* 市販されている、ほとんどのボウリング教材は、

  総合型の理念に適合しているとは言えないでしょう。投球の

  技術一辺倒、そして企業の論理を展開するばかりで、生涯

  スポーツとか社会体育のボウリング種目のありかた、属性・

  目的別の個人的スポーツ・ニーズを満たすレベルには、到底

  達していないからです。

 

     総合型クラブの皆様へ

     応援いたします!!

 

  日ごろのご活躍に敬意を表します。

  私たちは商業スポーツ施設でありますが、地域に共生する

 一員として、「クラブ運営に協力」したいと存じます。

 

  新しいプログラムや種目を導入されるときは、ボウリング場

 が「役立つ方法は何か」を、ぜひご一緒に考えましょう!

  ご遠慮なく、ご一報を!

 

             

協 力:@スクール・大会・行事の開催

    *運営法・指導者・カリキュラム・教本など

     A会議・駐車・食事・喫茶など

    *投げること、クラブ・ミーテイングの場所

 

指導者:認定コーチ・プロなどスタッフが協力

    *クラブ理念に適った「楽しいプログラム」を提供します!

     キッズ(学校体育ボウリング・カリキュラム準拠)

     ジュニア・熟年・女性・若者など属性別テキスト

     宮田哲郎著(日本体育学会・日本プロボウリング協会)

 

ご参考:毎年3,000万人以上が楽しんでいる!

     全種目のトップ、三世代が一緒にプレー

     年中 快適(室内はフル・エアコン)・安全

     健康管理または鍛錬、目的で運動強度調整可

     指導者・管理者が常駐、完璧クラブ・ハウス

 

窓 口:全国ボウリング公認競技場協議会 事務局・金子

     電話 03-3453-2725  FAX 03-3798-7375

     *お近くのボウリング場など、ご紹介いたします。

 

 2006年1月 宮田哲郎 (財)日本体育協会全国セミナー

 

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ