全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!

平成18(2006)年4月1日号

第9章

 ある経営者から、県・市の体育スポーツ行政担当者について、こま

ごまと質問されました。要旨は、せっかく協力を申し出ているのに、

行政の「反応が極めて鈍い」のはなぜか、でした。いまはロビー活動が

大切な時期ですから、いろいろと考えさせられました。

 

   普及の歴史から、理由を考える

 現時点では、普通の行政担当者として、「それが正しい態度」であると

思います。理由は、従来のボウリング場は単なる商業スポーツ施設に過ぎ

なかったこと、100種類以上もあるスポーツ種目を司る行政が「特別な

肩入れ」をするわけにゆかないからです。

 

 ちなみに、米国では「地域社会との密接なつきあい」の歴史があり、

建国以来ヨーロッパ伝来の「遊びのボウリング」を、150年以上かけて

地域の人々の「優れた社交のツール」に仕立てあげた歴史があります。

 

 経営ではリーグの広範な普及、エレメンタリー・スクール(小学校)の

ボウリング授業や*YABAなどのジュニア・ボウリング振興などに明らか

な証拠を見ることができます。米国の業界が低迷しているのは、日本の

ように「フリーのお客を作らないから・・・」などと、的外れなことを

広言する人がいますが、**最近のライフ・スタイルに合わなくなり、

苦しんでいるのが真相です。

  *教育を主な目的とする、YOUNG AMERICAN BOWLING ALLIANCE。

 **従来のリーグなど、30週間以上も長く拘束されるものになじまない。また、

 リーグ普及が成功しすぎて、空いているレーンを使った新しい顧客の開発が

 遅れたこと、競合レジャーの登場。ボウリングのレトロ化、顧客の高齢化。

 

 毎度申しているように、業界は遊びの流行から出発しました。

 が、50年たってもその路線を走っているので、市民や行政からも遊びや暇つ

ぶし(単純娯楽)としか映らないのです。我々は、楽しい私的需要を大切に

しながら、地域や個々の人々にある「公的なニーズ」を掘り起こすのです。

文部科学省は、総合型構想の普及を「10ヵ年計画」と策定しています

が、いままで「義務教育レベルの学校体育種目に存在しなかった」種目が

簡単に認知されるとは、到底 思えないのです。しかし、種目特性や年中

まことに快適なスポーツ環境であること、「教育された専従者」がいる長所

などを説く「ロビー活動」が、必ず評価されるでしょう。

 

   本当の「ロビー活動」とは

 今回の質問から、思い当たることがあります。

 いままで私自身が接した行政は、神奈川・福岡・大分・熊本・岡山・東京・

香川・奈良・北海道などの教育委員会でしたが、最近まで「なぜ、ボウリング

が総合型に・・・」という、素朴な疑問を聞かれることが始まりでした。

 

 ところが、何度も足を運び、日体協で講演させていただいた去年から「それ

では、県市は、どうしましょうか?」に変わりました。JARBAのパンフレット

や「日体協 講演のコピー」を、しっかり読んでくれたな、と実感しています。

 

 思えば、先日までの「ロビー活動は、営業・・・」と思われていたのですが、

このごろは「行政に役立つアイデアを持ってくる・役に立つ人」と思われるよ

うになったのですね。私の本意が伝わり始めたのですが、国策の高い志に応え

る者として当然のことでしょう。

 

   春 爛漫!?

 構想に参画するのなら、これから業界も勉強しないといけません。

 総合型対応ボウリング・テキストや管理マニュアルなど、ほとんど整備して

ありますから、ぜひ役立ててください。商業的な動機だけでは長続きしません

し、なにより地域社会から歓迎され、ボウリング種目の奥行きを多数の人々に

楽しんでいただけるようには、従来の方法では決して実現できないのです。

 

 幸いここ数ヶ月、景気動向が変わって「前年比二ケタ」アップが目立つよう

になりましたが、春爛漫を満喫するのはまだまだ先です。本当に「愁眉を開く」

ようになるには、何年でも総合型構想に協力し続けることです。目先のことで

一喜一憂しない、確かな経営環境は、こうしてつくられるからです。

 

   再構築したい、ボウリング場の企業理念

 そもそも中長期経営計画を策定するなら、開業以来かかげてきた企業理念を

再検討すべきです。過日、大学病院の薬入れに「PATIENT ORIENTED 患者

志向」と麗々しく印刷されているのには真実 驚きました。われわれは研究用

モルモットだったのか、患者は病院や医者のために存在していたのか、と邪推

したくなりました。「尻尾をつかまれるような」怖い話です。

 

 御社ではいかがでしょうか?

 むかしからよくある「営業 頑張るぞ!」タイプの経営理念、企業理念が丸

見えで、セールスマン・タイプの顧客に押し付けるモットーだったりしては、

いないでしょうか?        では、また来月!

 

   トビックス:

   1.全公協 全国理事会(東京)で講演しました。

     総合型構想とボウリング場経営、参入のポイント、実は「旬は短い」と

    お話しました。その後、北海道、四国、関東などのセンターから協力依頼

    をいただき、今後の成功を促す多数の同志が得られ、嬉しく思います。

 

   2.「玉島スポーツクラブ」正式認可の予定!

      岡山県倉敷市玉島爪崎エイト・ボウル(代表・小野新太郎氏)は、自ら

    総合型クラブ設立を岡山県体育協会へ申請していました。ボウリング種目

    が核となるクラブは、宮崎中央スポーツクラブ(宮崎エースレーン・藤元

    良二社長)に次ぎ、全国2例目です。

 

     2000年策定の「スポーツ振興基本計画」は、総合型地域スポーツクラブ

    を全国市町村に「最低ひとつ以上」設置するとしている。文科省は、毎年

    およそ8億円から13億円の「クラブ助成費」を予算化しており、クラブ

    には2カ年間(年額で最大300万円)配分される。

 

   3.総合型対応ツール作成の進捗状況

     @キッズ・ジュニア・シニア・レデイス・ヤングの属性別、地域や団体の

     目的別(PTA・子ども会・スポーツ少年団・幼稚園・小学校の教科書)

     など、10種類のボウリング・テキストが完成しました。

    A以上の属性・目的別の「指導者教本」はすでに推敲中ですが、「集客」

     マニュアルはまだ中途で、4月には脱稿予定です。

 

ボウリングの運動効果、総合型対応テキスト(シニア)より
ボウリングの運動効果
総合型対応テキスト(シニア)より

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ