全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

普及活動のページ「目次」へ

普及活動のページ
レッツ・ゴー・ボウリング!

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会
(社)日本体育学会・体育経営管理部
会 員

平成19(2007)年5月1日号

第22章

懸案だった「ボウリング大辞典」をベースボール・マガジン社より上梓する

幸運に恵まれ、長いあいだ編集してきた苦労から開放された安堵感に浸って

おります。


出版は、『ボウリング・マガジン』藤木編集長の計らいで、安価でコンパクト

な形で実現しました。体裁よりも内容ですが、単なるボウリング技術だけで

なく、マネージメント、マーケテイング、コーチング実務など660語以上

を収録、総合型スポーツクラブの概念やボウリング文化史まで網羅しました。


本を手にした人から・・・


1.表紙の三人は、誰か?

2.坂本龍馬は、ほんとうに日本人最初のボウラーなのか?

3.5,000年前の世界最古のボウリングを発見、考古学

の論文に書いた人は、どこの何者か? 論文は現存する

のか? どんなボウリングだったのか?


などと質問されることが多く、いつもより饒舌になる自分が

ありました。


辞典の執筆で、気づくこと


辞典となると、浅薄な「私論や持論」をもとに書く訳には参り

ません。そこでおよそ15年間、調査と取材に励んでいました

が、専門ばかの私でもいろいろ気づくことがありました。


それは、どの分野の専門家も、それぞれ『親学問』に基づく

研究・知見を応用しているということですが、事がスポーツ

の世界となると[論よりも実績を重視]する姿勢が先行して

おり、親学問を必要以上に軽視する人が多い事実でした。


当然、ボウリングでも「一流の論」を張る者が多く、辞典の

ような少ないスペースでまとめるには難しい言葉も多くあり

ました。一方、マネージメントやマーケテイングなど実務の

用語においても論より証拠ですから、数百の実験を経た数字

を書き込む必要があります。


ところが、「レジャー白書」や経産省などの[大まかな産業

データ]はあっても、地域のボウリング・データなどは貧弱

で、シンクタンク系を除くと最近10年間は殆どないことが

判りました。・・・会などメーカー系のものや正月、連休時の

地域統計はあるものの、これを時系列で分析、「対策を講じて

追跡調査」をした事例も見当たらず、前年比だけで一喜一憂

しているのかとあらぬ疑いを持ちました。


また、ボウラーの動向、技術志向などを示す学問的レベルの

ものは多いとは言えず、辞典にふさわしいデータの入手は、

ごく一部の研究者の好意にすがるしかありませんでした。


しかし、唯一の例外は、ボール関連です。

物理や工学系の優れた応用研究があり、ボールの素材にある

物理特性とボール・リアクションへの影響、力学的なドリル

・ レイアウトのほかに、数知れぬドリル実務から生まれる

名人芸的な考察が多くあり、本当のマニア、愛好者を喜ばせ

ている様子が見え、心強く思いました。


新年度を迎えて


たまたま、一部上場の*某社[3月期決算書]を見ました。

新年度から「女性やシニア世代」のプロモーションを始めると

ありましたが、どのような手法をとるのか、株主でもない私で

すが「楽しみが見つかった」な、と思っています。


思えば、ブーム以降、豊富な資金を使えるプロモーションを

見たことがありません。業界をあっと言わせるものかもしれ

ません。親しい経営者の方々とは、いろいろ推測しています

が、「過去のボウリング業界の定石」を踏むか、「時流を先行

する」コンセプトなのか、とすれば「大衆動員の大義名分は、

手法は何か・・・?」などと興味がつきません。


人口構造の変化をうけて、売り上げのほとんどがヤング世代

に負っている産業や企業が、どのような方法で時代対応して

ゆくのか、仮説と実験、検証を繰返し、新しい商品と販路を

開拓してゆくプロセスを実際に学べるチャンスと思います。


私の提案も一つの仮説でありますが、マーケテイングの原点

は仮説にもとづく膨大な数の実地検証です。幸い、近年は

同志が増え、仮説の根拠も検証の方法も会社の事情によって

異なるものの、着々と成果が出てきました。


私には各社の[顧問]の肩書きがあるので、すべてを明らかに

するわけには参りませんが、いずれ(何年か後に)機会をみて

公開するつもりです。今は、体育スポーツ行政のオピニオンを

創ること、検証に励む同志を結束、情報交換して強力なツール

を仕立てて、ボウラーを育てるスキルを熟成させることに熱中

するしかありません。


素朴な疑問


総合型構想に参画することが、「ボウリング経営にどのような

意味があるか、メリットは何か」と質問される経営者に、最近

はおめにかかることが多くなりました。県BPAJ会長さんが

、私の勉強会に遠方から出席されたり、近隣へ出張の度にお目

にかかったりしています。


同志の出現に感激、できるだけ「ノウハウを隠す」ことなく

対応するようにしていますが、意外なことに、これを「私の

プラーベートな思いつき、販促アイデア」と誤解している

ケースに出会うことです。下図をごらんになれば、疑問は

解消されましょう。


ちょっと古くて恐縮ですが、日本ボウリング場協会1992年

1月のレポート「第3回ボウリング・センター実態調査の分析」

によれば、ボウリング・センターまたは業界の課題として4つ

あげており、@顧客の定着化Aセンターの魅力の演出B地域の

競合レジャーとの差別化C「スポーツしてのアイデンテテイを、

どのように持たせてゆくか」(51ページ、58ページより)が

ありました。


レポートはボウリング=スポーツをアピールすると結んでいます

が、寡聞にしてその後の15年間、有効な策は見つからないよう

にみえます。結局、商業団体がいくら主張しても[世間は、商売

人の話を聞く耳」は持たないものと判断する時期なのでしょう。

誤解して欲しくないのですが、私はBPAJの傘の下にあって、

お世話になっているひとりですから、批判ではなく、[策を転換]

したら・・・と望んでいるのです。


「スポーツ組織の関係図」 へのリンク
上の画像をクリックすると「PDFファイル」で表示します


概論は、もう役に立たない?


最後に、執筆で気がついたこと、もうひとつ、ありました。

最盛期を過ぎようとしている業界では、一般概論や理想家の

青臭い理論は、公平に見ても、あまり役に立たないと思われる

ことです。


ただし、会社のシステムとするには、やはり「親学問が背景」

にあって、「わかりやすく理論武装」しておく必要があります。

しかし、3−4月の業界セミナーなどを観察しますと実感する

のですが、原点に返りすぎのテーマを選びすぎている・・・と

の感がありました。


概論や理想よりも、今後の3年間は行動の年になって欲しいの

ですが、世の中も経営も難しい時代になったものですね。

2007年度が、ますますよき年になりますように!!

普及活動のページ「目次」へ

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ