普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第23章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成19(2007)年6月1日号

採火式 ギリシャ・オリンピア
採火式 ギリシャ・オリンピア
目次
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

ボウリング・ブームの歴史

 この「普及のページ」を書き始めて、いつのまにか23回目に

なりました。そのせいか私を評論家のように思ってくださる方に

出会うことがありますが、実際は実務者として、仮説にもとづく

実践と検証をくりかえしている*現場の人間のひとりです。


 また、今春は「ボウリング大辞典」を上梓、次は長年の課題に

なっていた歴史をまとめたいと考えるようになりました。思えば

10数年前、「ボウリング・マガジン誌」で2回 連載したことが

ありましたが、いままで25年間 各国の資料を集めました。


 そこで、今月から時代ごとの断片的トピックスを中心に、歴史

研究者の立場で話してみたいと思います。そして、ブーム現象が

起きた時代社会の背景を振り返ることで、皆さんと業界の将来を

考えてみましょう。


 また、私が所属している日本スポーツ史学会の研究者は、研究

テーマを民俗(民族)文化のスポーツに求めていることが多く、

大いに参考にはなりますが、ボウリングと社会の関係、時代ごと

の人々の「生活ニーズ」に重点をおき、その時代にブーム現象を

起こした理由も明かして参りましょう。



1.序説:4つのブームがあった

 古代エジプトで発見されたナイン・ピンズらしき遺物、開拓期

のアメリカにおけるブームとテン・ピンズの誕生、その後の商業

的な大成功について、おおよそご存知でしょう。しかし、これら

4つのブームについて論考した者は、ほとんどいないようです。


 私の研究では、ボウリングにブーム現象が見られるのは、まず

古代エジプトの「子どもの遊び」、次は中世ヨーロッパと開拓期の

米国における「おとなの暇つぶしと賭博」、家族や友人との交流、

職場や地域のコミュニケーション・ツールとして大いに普及した

現代であります。


 エジプトにおける証拠は、世界的に著名なエジプト考古学者

英国人のサー・フランダース・ピートリー(ロンドン大学教授)

の論文で発見することができます。次に、開拓期のアメリカは

19世紀最大の人気作家「マーク・トエーン自伝」に詳しく、

次に1930−40年の大不況におけるニュー・デイール政策

とボウリングの普及については、大概の米国スポーツ史には、

詳しく記述されているものです。


 以上については、来月から少し詳しくお話しましょう。また、

現代日本における将来の普及は、文部科学省の「スポーツ振興法」

にもとづく「スポーツ振興基本計画・総合型地域スポーツクラブ」

と今後のボウリング種目参画が成功の鍵となりましょう。


 次は、これら「4大ブームをまとめた年表」です。

 年表をもとにしたエピソードを、順次ご紹介しますが、

果たして「21世紀のボウリング」がどのように発展して

行くのか、ここにヒントが隠されているかもしれません。



2.ブームの年表

BC5,000年ごろ: エジプト子どもの墳墓に「ボウリングの原型」

BC2,000年ごろ: ギリシャ・ローマのボウリング「ボッチェ」


AD200-300年ごろ:ゲルマン民族の祖チュトンTeuton人のボウリング、ケーゲル[kegle]

AD10-17世紀ごろ:ヨ-ロッパ各地に、ケ-ゲル、スキトルス[Skittles]が大流行―禁止令



1529年(室町戦国): 中世ヨーロッパ九柱戯禁止令を頻発、日・祭日のプレー禁止

1584年(織豊時代): 英国人植民がスキトルスを米国に持ち込む

 ☆1820-30年ごろ・・・10ピンズ・ボウリングが誕生したと推測される・・・

1850年(江戸時代):ニュ-ヨ-クを中心にボウリング場の一大建設ブ-ムはじまる

1861年(文久元年):長崎に「日本初のボウリング場」オ-プン、英字紙の広告記事

 ☆1880年(明治13年):この頃から『10ピンズが米国で流行』しはじめる

1895年(明治28年):米国ボウリング協会American Bowling congress発足
ボウラー組織化・競技ル-ル・用品用具の規格統一に乗出す

1945年(昭和20年):第2次世界大戦、日本の敗戦で終わる

1946年(昭和21年):京都で第1回の「国民体育大会」始まる

 
☆日本各地に米軍基地のボウリング・センタ-が、およそ400レ-ン設置されていた

1952年(昭和27年):東京都明治神宮外苑の国有地払下げ、民間初のボウリング場
☆「東京ボーリング・センター」20レーン・手動式開業

1958年(昭和33年):気鋭の弁護士エデイ・エライアス(Eddie Elias)が

米国プロ・ボウリング協会(PBA) を設立

1959年(昭和34年):米国女子プロ・ボウリング(PWBA)協会設立


1967年(昭和42年):推薦プロ19名により、日本プロボウリング協会設立創立記念
大会、矢島純一プロ優勝

1969年(昭和44年):JPBA女子プロ部門、第1期プロ・テスト合格者13名でスタ-ト

1970年(昭和45年):中山律子プロ、TV300を達成、この年「プロ・スポ-ツ大賞」受賞

 ☆大ブ-ム発生(TVボウリング番組は、週7本、NTV美しきチャレンジャ-の視聴率 27、2%

1973年(昭和48年):全日本ボウリング協会JBC(会長迫水久常)財団法人化

1977年(昭和52年):山賀昭子プロ、米国WIBCト-ナメント制覇、第1回ジャパン・オ-プン開催

1978年(昭和53年):第8回アジア競技大会(タイ・バンコク)で正式種目、金2銀3ケ獲得

1979年(昭和54年):米国BWワ-ルド・オ-プンで、矢島純一プロが パ-フエクト・ゲ-ム達成
全米クイ-ンズ・オ-プンで、斉藤志乃ぶプロが優勝、女王となる

1980年(昭和55年):WIBCト-ナメントでチ-ム優勝(斉藤・稲橋・横溝・永井・木村)

1981年(昭和56年):WIBCクイ-ンズ・オ-プンで杉本勝子プロ優勝、女王となる

1982年(昭和57年):杉本勝子プロ、WIBCを ☆連続制覇!BPAA USオ-プン斉藤志乃ぶ
プロ制覇(外国人初のUSオープン勝者)

1984年(昭和59年):米国WIBCクイ-ンズ・オ-プンを稲橋和枝プロが制覇

1986年(昭和61年):第10回アジア競技大会(ソウル)で、金6・銀5・銅2を獲得

1987年(昭和62年):沖縄国体で公開競技、翌年の京都国体で正式競技となる

1988年(昭和63年):1988年ソウル・オリンピックに「エキシビション・ゲ-ム」として登場
男子 森金澄5位、女子 浅井敦子2位入賞


 ・・・・・・

  「ボウリングの歴史−その起源と発達」1992年宮田哲郎より抜粋

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ