普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第26章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成19(2007)年9月1日号

バラ一輪 東郷青児 1897-1978
バラ一輪 東郷青児 1897-1978
目次
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

 ボウリング・ブームの社会史(その4)

 2007年版「レジャー白書」が、去る7月25日発売された。

 今月は白書の要点を抜粋、ボウリング産業の」行く末について考察を

くわえたあとで、先月のお約束、米国における大ボウリング・ブームを

生んだ「ニュー・デイール政策」についてお話しましょう。


(1)2007年のレジャー白書

 新版で驚いたことは、あの「コーホート分析で予言された」参加人口

が、早くも現実となったことです。これは2、010年における予測の

2,510万人が前倒しされた数値なのです。


 参加人口は対前年比でマイナス9%でしたが、売り上げはマイナス

1.9%です。個々のセンターについては、近年目立つ閉鎖センター数

・   レーン数を勘案してシュミレートしなければなりませんが、売上減が

意外にも大きくならないのは、顧客が残った(分散した)からでしょう。


 胸をなでおろす向きもあるようですが、センター格差が広がっている

現実を見据える必要がありましょう。たとえば、競合会社の閉鎖という

(業界にとっては不幸な)幸運に恵まれたセンターが前年比で一喜一憂

しているように思えますが、如何でしょうか。


 人口減は若者に依存する業界に、壊滅的な影響を与えるでしょう。

旧来型プロモーションは、もはや通用しない事態です。業界こぞって

行うべき手段について、本格的に検討する時期ではないでしょうか。


(2)参加者動向を時系列で観察

 過去3ヵ年の年代別動向(平均値)と比較すると、男性全体は31,2

%から27,2%へ、女性は24,4%から18,6%へ下落しました。

最も下落幅が大きいのは10歳代の男女で,男性が10、7%減、女性は

11,3%減でした。


 どの年代も下落傾向ですが、意外なことに男性の20代のみ1,1%増

しており、逆に近年著しく増加していた60歳以上の男女が減少が目立つ

なか、今後のシニア・プロモーションに期待が集まります。しかし、団塊

の世代を「まとめて」動員できる名案が、ボウリング場のような商業施設

にあるものでしょうか? 分別盛りの人々を動かす大義名分は、単なる

「健康と社交だけ」で通用するものでしょうか?


(3)急減した参加人口

 参加人口が3,000万人を切ったのは1988年(昭和62年)

以来の3度目ですが、1993年(平成5年)に4,020万人を記録、

常にスポーツ種目別の首位を占めてきました。今後は若者人口の急減を

うけて、*250万人から500万人程度は減少すると予想されますが,

一つのセンターあたりで換算すると2,500人から5,000人もの

顧客が消える事態となるでしょう。

 *コーホート分析(2006レジャー白書)より。


(4)米国ブームの本当の姿

 さて、ボウリング先進国から学ぶべきことをお話しましょう。

 1960−70年代に起こった米国の大ボウリング・ブームは、政府に

の公共事業を核とした「ニュー・デイール政策の恩恵」で生まれたことを

知る人は多くはないでしょう。今も政治経済史で頻繁に引用される政策は

、1933年に就任したF.D.ルーズベルト大統領の画期的な景気回復

策、社会保障制度のことです。


 前任のフーバー大統領は単なる財政均衡主義で、経済に介入しない政策を

とり続けていましたが、1929年ニューヨーク株式市場で始まった大恐慌

(暗黒の金曜日)は、工業指数を55%も低化させ、GDPを半減、大量の

失業を招きましたが、後任のルーズベルトはまったく逆の方向を打ち出した

のです。


 すなわち、政府によるテネシー渓谷の大開発(TVA)、全国産業復興法と

、農事調整法施行ですが、これらが国民のスポーツ・レジャーを振興させた

のです。*当時の金額で数百億ドルを注入したと言われるスポーツ振興策は、

経営者が労働者のスポーツ・レクリエーション活動を支援する風潮を生み、

いわゆる「産業スポーツの隆盛」をもたらしたとされています。

*   John Lucas smith

*[SAGA OF AMERICAN SPORT]1978


 このとき最も恩恵を受けたのは、ボウリングとソフト・ボールだったの

ですが、ボウリングは開拓時代から手軽な遊びであったこと、南北戦争

以来の「軍隊スポーツ」であったこと、第2次世界大戦の勝利が戦後の

好景気をもたらしたことがありました。


 更に、ブームの背景には、このころ誕生したテレビ、新聞とラジオなど、

マス・メデイアをうまく使ったBPAAやPBAの戦略が成功したこと、

加えて1946年にデビューしたオート・マテイック・ピン・セッターが

ピン・ボーイを追放、深夜営業による長時間の稼動を可能にしたのです。


 しかし、本当のブームが誰の眼にも見えるようになったのは、アメリカ

においてさえ1960年―70年代になってからです。それまで、20年

の「タイム・ラグ」があったのです。今日の日本でも時代や社会と言う

「大きな船」は、静かに、静かに、未来に向かって動きはじめました。


 岸を離れようとしている巨船に、いかにして乗り移るか?

 不明な仲間と憶測と議論に明け暮れ、ただ手をこまねいているべきか?


参考:(略)アメリカ・ボウリング史

 1895年(明治28年):全米ボウリング協会(*American Bowling congress、略称ABC)発足

           テン・ピンズ競技者組織化、競技ル-ル、用品・用具の規格統一に乗出す

 1901年(明治34年):ABC、シカゴで第1回全米選手権大会(通称・ABCト-ナメント)開催

 1905年(明治38年):最初の*ハ-ド・ラバ-(硬質ゴム)のボ-ル、「Ever True」が商品化され、主流となる

 1909年(明治42年):ヨーロッパで最初のボウリング・センターが、スウェーデンに開設される

  1913年(大正 2年):Do-Do(ドド)ボ-ル禁止、*世界初のボウリング専門誌「Bowlers Journal」発刊

   1916年(大正 5年):国際婦人ボウリング協会(WIBC)設立、第 1回WIBCト-ナメント開催

※1929年(昭和 3年):ニュ-ヨ-ク・ウオ-ル街の*株価大暴落、世界的大不況の始まり

※1932年(昭和 7年):米国ボウリング場*経営者協会(BPAA)、デトロイトで設立される

 1933年(昭和 9年):最初の「エア・コンデイショニング」、ボウリング場に登場

           ル-ズベルト大統領(33-36年)「*ニュ-デイ-ル政策」発表、大不況を救う

           ・・・ニュ-・デイ-ル政策は、ボウリングなど 「スポ-ツ振興の大いなるきっかけ」となる

 1935年(昭和10年):ボウリングが「ラジオ」に登場、その名は「10ピン・タトラ-」、現在も放送は続いている

 1936年 (昭和11年):ジュニア(18才以下)のボウラ-組織

「AJBC、American Junior Bowling Congress」発足、1982年にYABA(Young American Bowlers Association)として統合される

    1939年(昭和14年)ア-リ-・ブラント(Allie Brandt),ニュ-ヨ-クで 3Gシリ-ズ886点をマ-ク(ギネス記録となる)

           黒人ボウラ-スの組織(National Negro Bowling Association)発足

    1940年(昭和15年):The Billiard and Bowling Institute of America 始まる

 1941年(昭和16年):第1回オ-ル・スタ-(All Star)始まる、ABCの名誉の殿堂(Hall of Fame)始まる

※1942年(昭和17年):第2次世界大戦下、*各ボウリング場が「ピン・ボ-イの不足」に悩む

 1943年(昭和18年):米国ボウリング協議会(National Bowling Council、NBC)組織される

 1945年(昭和20年):第2次世界大戦、日本の敗戦で終わる

※1946年(昭和21年):AMFが世界初の*自動ピン・セッタ-・マシ-ンをニュ-ヨ-クでデモンストレ-ション

           京都で*第1回の「国民体育大会」始まる

           日本各地に、*米軍基地のボウリング・センタ-がおよそ400レ-ン設置される

※1947年(昭和22年):初の*「テレビ・ボウリング・ショ-」が、ニュ-ヨ-クでオン・エア!

    1948年(昭和23年):ラミネ-ト張りのボウリング・ピンが登場

 1949年(昭和24年):ボウル・モア社の自動ピン・セッタ-・マシ-ン登場


       [ボウリング・ブームの社会史]宮田哲郎著より抜粋

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ