普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第27章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成19(2007)年10月1日号

マーティロ・マヌキアン画
マーティロ・マヌキアン画
目次
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

 ボウリング・ブームの社会史(その5)

すっかり秋めいてきました。

9月から私のプロジェクトに東京より以北(埼玉・福島・山形)が

参画してきましたから、すでに始まった中国・四国・九州・関西を

含めると13の都市で総合型構想にボウリングを参画させる仕事が

できます。うれしいですね。


さて、米国のボウリング事情をお話しする上で、次の人達を欠かす

訳には行きません。


まず、米国のボウリング・コンサルタント、サンデイ・ハンセル氏

です。同氏は、アメリカ・ボウリング場経営者協会BPAAの年次

総会で講演することが多く、最も定評あるボウリング・ビジネスを

語る専門家です。とくに業界データの分析は貴重です。


また、1990年代からの米国「地域社会の崩壊と再生」を描いた

ロバート・パトナム教授の政策社会学本「ボウリング・アローン」

も、絶対に欠かせません。本書で用いられた社会資本・ソーシャル

キャピタルという言葉は、未だに耳慣れないのですが、米国では

政治のキーワードとして定着しています。


実は、去る9月8日、神戸市で開催された第58回日本体育学会に

おける公開シンポジューム「総合型地域スポーツクラブのビジョン

を語るー過去・現在から未来を探る」に出席しました。


研究者、体協のクラブ育成アドバイザーで構成されたパネリストが

それぞれの視点から語りましたが、既成クラブのマネージメント、

それも財源とクラブ経営のバランス論ばかりで、「一人でも多くの

クラブ員を増やす」アイデアが欠落しているところが残念でした。

出席者の殆どがタイトルにつられて出てきた、実際のクラブ運営者

や関係者であったからです。


とは言え、私のような現場人間と異次元な議論に触れ、触発される

所が多く有益でした。また、パネリストの一人、大阪体育大の松永

敬子教授のよる総合型クラブのソーシャル・キャピタル論に共感、

クラブが発行する地域通貨(参加を促すポイント・カードなど)の

可能性は参考になりました。帰途、書店に立ち寄り、近ごろ 急速

に増えた「ソーシャル・キャピタル」本を*2冊(全く同名である

が良い本でした)も買い求めたしだいです。

生産性出版の稲葉陽二著(2,800円)と東洋経済新報社

    宮川公男・大守 隆著(3,200円)。

第58回 日本体育学会・特別シンポジューム案内書
上の画像をクリックすると「PDFファイル」で表示します


 ボウリング・ブームの終焉と地域社会

前号までで、米国ボウリング・ブームの隆盛をお話しました。

パトナム教授はブームの象徴を「ボウリングを媒体にした」、盛んな

人間関係の証拠として捉え、ABC公認リーグの減少を希薄になった

人間関係(ソシアル・キャピタル)の終焉、つまり地域社会が崩壊し

つつある証拠としました。


社会資本には、基本的に2種類あります。

社会資本というと、一般に橋や道路などのハードウエアを連想します

が、社会における人間関係やグループ間の信頼・規範・ネットワーク

を意味する「人間関係資本」も、重要な要素です。


ですから、「人のつながりやご近所の底力」を言いたいときは、社会

関係資本より人間関係資本というと分かりやすいのです。1960年

代の中頃から70年代の米国テレビのホーム・ドラマで、「金曜は近所

の人たちとリーグ」という台詞はよく聞いたものでした。


前述のハーバート大学、ロバート・パトナム教授による「孤独な

ボウリング」1994年が瞬く間にベスト・セラーとなり、ときの

大統領ビル・クリントンが大統領教書で引用するまでに至った言葉

は、地域社会に生きるボウリング場経営にとり、重要なキーワード

と認識すべきです。


本書は、業界の将来に絶好のヒントが多く、ぜひ*購読されるよう

おすすめします。少々、引用してみましょうか。


*[孤独なボウリング]日本語訳 同志社大学 柴内康文

    柏書房 ISBN4−7601−2903−0


「1980年から13年間にアメリカでボウリングをする人は

10%増加したが、クラブに入る人(リーグ参加)は40%も

*減少した」が,これは地域社会の崩壊を意味するとした。」

*ABCによれば、最盛期はおよそ860万人、現在は

300万人を切っている。


「1993年の1年間で少なくとも年に一回、ボウリングを

する人は約8,000万人を数え、これは同年の連邦議会議員

選挙で投票した人の数をおよそ3分の1以上も上回っており、

激減した(といわれる)リーグ・ボウラーは現在でも「成人

したアメリカ人のおよそ3%」がクラブで定期的にボウリング

をしている」。


「ひとりでボウリングをする人が増えることは、ボウリング場

経営をおびやかす。なぜなら、(リーグでは)一人で投げる人と

比べて3倍も消費するからである。ボールやシューズ(ゲーム

代も含めて)の売り上げより、(リーグでは)ビールやピザの

消費が3倍ある。」


「ビールやピザを片手に、市民的な会話、社会的な交流がなさ

れているのであるから、一人で投げる者の増加はボウリング場

の社会的な意義を希薄にする。よって、ボウリング・チームの

減少は、消え行くソーシャル・キャピタルの一形態を意味する

のである。」

   *括弧内など、原文に私がことばを補いました。


 米国のボウリング場に学ぶものはない!?

ここ数年、BPAA総会に出席した割と多い経営者の方々が

「もうアメリカに学ぶものは、ない」と言い合っているのを

目撃します。私は、とんでもない!と思っています。


幾ら人口がわが国の2倍以上ある大国でも、ABC年会費を

払って「リーグに参加する人が800−900万人もいた」

なんて、いかにも不自然!!だからです。できすぎ、ツー・

マッチ!とは、このことでなんです。


私はアメリカのブームの凄さと業界(場協会とボウラー団体)

の「結束の凄さ」に唖然とし、驚異と尊敬の眼で見ています。

つまり、成功しすぎた反動が現在のリーズナブルな数字である

と思うのですが、ちなみに現在でも会費を払ってプレーする

*競技団体USBCは世界一の組織といわれています。

*2005年1月 米国アマチュア・ボウラー組織が統合。

ABC・wibc・YABAが結合して300万人となる。

公認リーグ参加者は、311万2027人(05年)。


正直いうと業界をリードする人たちの一部に、度が過ぎた商業

主義を感じることがよくあります。商業主義とは、売り上げ

一辺倒の、悪い企業理念のことですが、現代で問題になりつつ

ある色々な社会現象の解消に、いささかでも役立とうとする

企業の姿勢を鮮明にする時期ではないのでしょうか?


本章で引用したことばの解説は、「ボウリング大辞典」

ベースボール・マガジン社からです。

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ