普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第28章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成19(2007)年11月1日号

サンバ
サンバ
目次
第27章
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

 ボウリング・ブームの社会史(その6)


例年、いまごろは多忙を極める時期です。

顧問会社の巡回(センター周辺の体育・スポーツ行政へ

のロビー活動と社員研修会)、所属している学会とシン

ポジュームが加わり、おまけになぜか執筆の依頼が多い

からです。ストレスで体重が増えましたが、お陰で健康

かつ意欲満々です



嬉しかったのは、*(社)北海道ボウリング場協会の

「もう一度はじめませんか? 健康スポーツ・ボウリング

・物識りガイド」を監修、制作が完成したことです。

1970年代ブーム期に若者だった団塊世代に、あの

懐かしいボウリングをまた!と提案する小冊子です。

  問合せ (社)北海道ボウリング場協会

札幌市中央区南3条西3丁目三信ビル

          電話011−210−7127


というわけで、今回ブームの社会史は、ようやく我国の

話になります。「ブームの今昔を評論」する記事はずいぶん

ありましたが、ここでは戦後日本の大衆文化と生活、ブーム

が発生した社会と経済の理由など、少しお話してみましょう。


開高 健「日本人の遊び場」1963年より

芥川賞はじめ数々の文学賞に輝く一方、世界中の河川、

海を彷徨する釣師だった開高(1930−89年)の

作品には、戦後日本の大衆を凝視したルポルタージュ

*「路上にて」と題する極上のノンフイクション作品

がある。ここには不滅の名品「ずばり東京」のほかに、

「日本人の遊び場」があり、当時の庶民の生活実感が

こもっている*[ボーリング場]の記述がある。

*開高 健 全ノンフイクション「路上にて」文藝春秋社刊。

1970年当時の国語表記は、現在のボウリングではなく、

「ボーリング」が正しいとされていた。


ルポの舞台は、我国初のボウリング場、東京都港区青山の

東京ボーリング・センターである。その頃1台600万円

する設備が40レーン、2億4千万円をかけたボウリング場

の様子を「能率・明快・単純・豪奢・騒音・清潔・健康・広大

・   ジュークボックス・コカコーラ・ホットドッグ」と表現、

随所に「ここは正にアメリカ・・・である」(筆者まとめ)と

している。


いま昭和をテーマにした映画が人気ですが、戦後の実に貧し

かった日本人の憧れは、「すべてに豊かなアメリカ」でした。

着るものと食べるもの、スポーツや遊び・・・、すべてが

憧れであり、実にカッコよかったのです。


しかし、「文化の象徴」としてのボウリングが大ブームを

迎えるに至るには、このうえに世界が奇跡と認めた経済復興

政策の成功が必要だったのです。


所得倍増計画の成功とブーム発生

第1号の東京ボーリング・センター開業以来、第2号が開業

するまでおよそ8年の歳月を要したが、1960年代(昭和

35年)以降のの国民生活改善と消費動向の変化は著しく、

「衣の時代」からテレビ・冷蔵庫、電気洗濯機など*「耐久

消費財の時代」へと進化しました。

 *3C時代:カー・クーラー・カラーテレビ


更に、昭和35年12月発表の池田勇人内閣の所得倍増計画

の成功が我国の本格的な繁栄をもたらし、残業報酬が本給に

迫るほどの好況が長く続いた。それまで、1ゲーム150円

だった料金は、昭和35年以降250円となり、自動ピン・

セッターの本格普及もあり、揺籃期に苦しかった経営を大い

に助け、ボウリング産業の第一次成長期となりました。

当時の売り上げは、レーンあたり50―55ゲーム、経営が

成り立つ「レーンあたり人口は1万人」とされ、レーンが乱立

する昭和40年代なかごろまでの指標とされていた。


いまふりかえると、第二次成長期は昭和42年(1967年)

以降だったと思われる。ゲームの楽しさ、手軽さなど本来的な

魅力に加え、ボウリング場の雰囲気は憧れのアメリカだった。

その上、家庭はもちろん学校、職場でさえエアコンが珍しい

時代の冷暖房は、やはり「非日常的な空間」だったのです。


そして、大ブームの頂点は3年後の昭和45年(1970年)

ごろから突然訪れる。およそすべての産業が事業に参入した

結果、需要と供給のバランスが急速に崩れた。ゲーム料は

300円に値上げされたが、過去19年間につくられた数の

2倍にあたるセンターが1年間でオープンするという狂乱の

時期を迎えたのです。


動きを強めたのは、政府の金融統制と企業の遊休土地を活用

するきっかけは、1971年からの「ドル・ショック」です。

1972年の設備投資総額は12兆2,712億円。土地を

含めたレジャー産業では1兆1,415億円でしたが、そのうち

73%(8,361億円)がボウリング場の建設にあてられていたのです。


信じられないことに、この年の鉄鋼、石油精製、電子、電気機械

などの設備投資額とほぼ同額だったことです。1972年の

市場規模は4,630億円、70年は1,860億ですから

、2カ年で2.5倍の規模に成長したことになります。


ちなみに、1973年ごろのレーン当たりの設備投資額は、

現在の3分の1程度となる1,500万円でした。ピーク時

は124、288レーン(3,882センター)が稼動して

いましたが、レーンあたり人口は山間僻地、幼児や老人の

人口数まで含めても1,000人を割っており、都市や国道

沿いなどでは800人を割ったといわれています。


所得の伸長と時代の勢い

1970年代の所得の伸長ぶりについて、再考しよう。

指標は全国平均賃金と賃上げ(春闘)率にあるが、昭和

42年の平均賃金は25,087円。春闘賃上率は13.

50%でした。


翌年からは毎年15.2%、16.4%、20.5%と

二ケタづつ伸長、10年後の昭和51年になると102.

442円、給料が2倍となったのでした。平成ではせいぜい

1パーセント台ですから、まさに「月とすっぽん」ほどの

違いがありましたね。


ボウリング・ブームは、アメリカ文化への憧れ、真新しい

レジャーの魅力、加えて限りなく増える可処分所得と限りない

将来への希望が背景となって拡大し続けたのです。


しかし、好事魔多し・・・。

オイル・ショックと国家経済の危機、ボウリングの需給バランス

の崩れが顕在化した業界は、過当競争の果てに奈落の底に突き落と

されました。当時の損益分岐点は、投資後4−5年後のセンター

で35−40G、新設で55−60Gが必要とされていたのです。


ブームは、1972年の春から急速に萎縮しました。あるセンター

では10ヶ月のあいだに70Gから30Gまで急減、全国では

1,060社以上が閉鎖、ピークの3分の1まで減ってしまった

のです。


ブーム終焉から学ぶものは、ただ一つ!!

最後に、ブームの終焉を分析した往時の幾つかの*学術論文から

、業界の反省と将来について記したものを箇条書きで紹介して

おきましょう。 *例えば・・・、

1980年「レジャー産業成長の構造」同志社大学 玉村和彦教授

1.レジャーの大量生産と供給に自ずから限界があり、業界の

安定と発展には「新規収益源」を探し続けなければならない。

2.単なるレジャー産業では、ライフサイクルが極めて短い。

 (新たな業種を探し回ることばかりではなく)売上げ向上の

   「新しい業態」を探し、つくりあげることが必要である。


私見であるが、上のふたつの結論から得られるこたえは、只ひとつ

です。ボウリング事業が、このままいつまでも単純娯楽の需要に

頼りきっているわけにはいかないことです。単純娯楽のボウリング

は、他種の耐久消費財と比べて、はるかに早くライフサイクルの波

が押し寄せる性質があり、しかも同じコンセプトの競合レジャーや

「暇潰しアイテム」は続々と登場しているのですから。


言い換えれば、売り手側が安易だからといって「誰にでも、手軽に

楽しめる部分」だけを強調して、安直なセールスばかりしていると

早く「飽きられてしまう」からなのですね。

     ⇒次号に続く「日本ボウリング・ブームの社会史」



普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ