普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第29章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成19(2007)年12月1日号

チューリップの少女 マリー・ローランサン 画 1883-1956
チューリップの少女 マリー・ローランサン 画 1883-1956
目次
第28章
第27章
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

 ボウリング・ブームの社会史(その7)


この稿は、11月25日−26日に書いています。

もう12月か・・・と感慨しきりですが、そろそろと

来年の計画を意識し始めるときですが、みなさま方は

いかがでしょうか?


このごろ、「普及のページ」をいつも読んでいるよ、と

おっしゃる経営者に出会うことが多くなり、私の拙い

考えを自由に書かせて下さるJARBAに、いつも感謝

しております。


来年以降は、センターのスクラップ化とリ・ビルドが加速

、撤退企業がますます増加するでしょう。その中で、数は

少ないが張切って参入した新規経営者の誰かが、業界団体

の再編成を促す(かも知れない)ことも予想されますが

、いずれにしても劇的変化が起こることでしょう。


人口構造の高齢化は、全面的に若者需要に依存している産業

に質的な変化、すなわち*業態の変化をもたらします。いま

業界あげて大いに議論して、更なる発展を期する新しい動き

が始まることを期待しています。

*ますます古典的な娯楽ニーズに特化するボウリング場、

一方では「リピーターの創出」に励む、専門店志向など。


1.日銀「2008年度の経済展望」について

去る11月1日、日本銀行は来年度日本経済の見通しを示す

「経済・物価情勢の展望」リポートを発表しました。そこで

は、2007年度の実質経済成長率は1.8%となるものの

、*来年度は「2.1%に回復する」と予測しました。

    *日経 2007年11月1日号より


過去、ボウリング業界の消長は、常に景気の指標となる実質

GDP(国民総生産)に左右され続けてきましたから、以下

の数値は、来年度の業界にとって「明るい予言」ととらえる

向きが多いことでしょう。


  日銀政策委員の見通し  2007年度 2008年度

  1.実質GDP         1.8    2.1

  2.消費者物価指数     0.0    0.4

  3.国内企業物価指数   2.0    1.0


景気上昇に加えて、競合センターの撤退などで業績が上向く

センターがある一方、沈下が進むところが顕在化して来るで

ありましょう。ところで、景気の回復で業界全体は、本当に

上向くのでしょうか?

来年度以降の業界の基調は、*一部の例外的センターを除き、

業界全体は更に「冷え込む」のではないかと恐れ慄くのです。

 *例外とは:隣接の競合センターが撤退することなどを指す。


皆さんは、すでに過去3ヵ年にわたって経産省「特定サービス

産業調査」速報が、前年・同月比のマイナスを示し続けている

ことに*気づいておられるでしょう。 例え、自分のセンター

の直接商圏が安泰であっても、業界全体が沈んではいけないの

です。

 *JARBAホーム・ページのバックナンバーをご参照ください。


2.戦慄的な事実!

以上の論拠は、こんごの2,010年までに10代から20代

の若者人口が「約2.700万人」も減少することにあります。

一方、従来から若年層の参加率は(異常に)高く、10代では

約55%、20歳代は49%もあり、今後ボウリングする若者

は約150万人ほど減ってしまうのでは、と心配するのです。

パイの自然減で、来年度以降のセンター・レーン数の減少が

予想もつかないほどのペースで進むと思います。が、不吉な

予想が当たらないことを祈るばかりです。こんご、ますます

若者需要以外の経営ソースを探し出し、景気変動で一喜一憂

することのない堅実経営をめざすときでしょう。


しかし・・・、業界における大方の意見が「シニア層の開拓」

に特化していると聞きますが、それは「やや見当違い」では

ないか、と心配しています。私は「最も効果的なターゲット」

は別のところにもあると思いますが、いかがでしょうか?


とは言え、業界の考えは「第二義的には正しい」ので、ここで

更なる異論を唱えるのは控えるべきでしょう。不毛な議論より

、ひとつでも多くのトライアルが求められるからです。


私のように価値観の違う少数意見が、盛り上がる動きに「水を

さす」ことがあってはいけません。本件は公の場(セミナーなど)

で「論拠と戦略、展開事例」をご披露、みなで建設的な意見を

交わすべきですし、自らが「違う方向でもできることを実証」

したいと思っているからです。


3.願いは、ブーム再び!

この5カ年、ボウリングの普及を願う有意の経営者の方々と

1社当たり、月平均1日半の行動を共にしてきました。この

種目の参加人口は、現在も100種以上あるスポーツで首位

ですが、今後は「参加頻度」を上げる方向にあります。私の

選択肢は、体育スポーツ行政や総合型クラブ*有力者に働き

かけることですが、近年は成功の近道が見えてきました。

  
*総合型クラブ関係者は、地域の有力者、行政担当者。


いま、全企業がシニア・ビジネスに目を向けています。

そこで業界が分別盛りの人々をもまき込めるほどの理論武装を

真剣に行い、真のメリットを世に問う証拠となる*フイールド

・ワークを集めること、学校や行政のボウリング理解を進める

医科学的知見と技術の奥行きを整えるときになりました。

*事例 フイールド・ワーク 「奈良新聞」の報道

奈良県教育委員会・体育協会主催の講習会

事例 フイールド・ワーク 「奈良新聞」の報道 奈良県教育委員会・体育協会主催の講習会


かくして、ボウリングは生活スポーツとしての商品性を高める

ときです。スポーツ科学の知見を[応用]して、人々の内なる

ウオンツ、ニーズに対応する地道な作業をすることです。顧客

の減少を補うには、娯楽的な需要にこたえる単一商品であった

ボウリングを、以上のような切り口から見直して、仕立て直す

ことしかないのです。


また、いうまでもなくボウリング場は「地域の一成員」です。

企業の不正が続く昨今においては、総合型構想に参画して地域

社会に貢献すること、種目の長所と魅力、優れて人々の懇親を

自然に深めることができる特性を、正しく理解していただき、

ボウリング場の経営理念を大いに訴求するときです。私企業が

「*公的に国策キャンぺーンに参画できる」絶好機なのです。

*2006年、文科省は改訂[スポーツ振興基本計画]の中で、

「スポーツ組織と企業の参画が望まれる」としており、更に、

総合型クラブは、学校とともに[中学校区]の学生・児童の

体育スポーツ活動を促進する、と明記している。


4.ボウリングを「仕立て直す」・・・

現場はとっくに気がついていることですが、ボウリング需要は

プライベートな楽しみばかりではありません。子ども会や家族

の来場、町内会や職場コンペは「公的な側面」のニーズが顕在

化した姿なのです。これらの潜在的なニーズを更に増大するか

、深耕するか、手法をもっともっと強化する必要があります。


有効な手立ては、ただひとつ、スポーツ・コンセプトです。

ボウリングで「リピートしたくなる」よう仕立て直すため、

娯楽イメージが強すぎた「集客ちらしやポスター、セールス

・コピー」をすべて見直して、新しい付加価値を生む工夫を

はじめるのです。


私は、あらゆる人々がボウリングに魅力を感じているところ、

個人の基本的ニーズと目的に対応できるよう、楽しいイラスト

や新しい表現ですべてを仕立て直しました。キッズとジュニア

、熟年、女性、若者など、属性別に「新しいテキスト」を仕立

て直して、*各地のプロジェクトで改良し続けています。

*福岡・宮崎・大分・高知・香川・岡山・大阪・奈良・神奈川・東京

・埼玉・福島・山形・・・、来年度から北海道のセンター群も。


最近では、全公協の*シニア・パンフレットや*北海道場協会

の小冊子などは、以上の作業で生まれたものです。ボウラーの

経験則や考え、表現を大切にしながら、スポーツ医科学を駆使

して、かなり平易にまとめました。ぜひ、一度ごらん下さい。

北海道場協会「ものしりガイド」シリーズ1
北海道場協会「ものしりガイド」シリーズ1

JARBAパンフレット「10歳若返りましょう!」
JARBAパンフレット「10歳若返りましょう!」

次号予告:お金も、時間も、浪費しないマーケテイング!

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ