普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第32章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成20(2008)年3月1日号

憩い 薮野 正雄 画 1907−1990
憩い 薮野 正雄 画 1907-1990
目次
第31章
第30章
第29章
第28章
第27章
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

ことしは正月営業が不調で、「日まわり」が悪かったと

言い訳する人がありますが、実は異業種の競合すなわち

任天堂の*ゲーム機「Wii」出現と車で外出する意欲

をそいだ原油高騰、消費マインド減退が直接原因だった

と思います。

2008年2月 日本経済新聞「ゲームセンター逆風」
2008年2月 日本経済新聞「ゲームセンター逆風」

前回、今月は同志の皆さんに「重要な提言」をすると

申しましたが、どうか一緒に考えてみてください。


異業種の競合と教訓 

思えば1978年、業界は現在と全く同じ現象を経験して

います。いまは懐かしい「インベーダー・ゲーム」の出現

ですが、市場を同じくする優れた異業種からの教訓です。


それは、大ブームが失墜したあと、「疾風怒涛の荒波」を

ようやく乗り越え、全国のセンターが本格回復を果たした

*1976年(昭和52年)直後のことでした。しかし、

ゲーム機に対する若者の飽きも早く、侵入者(異星人)は

1年ほどで宇宙に飛び去ったのです。


*レーン当たり収益(前年比)は、1976年−77年の平均が

+39.4%、インベーダーの78年には+8.4%まで急落。


Wiiの特徴は、何でしょうか?

ゲーム市場もまた、若者需要に大きく依存していますが、

任天堂ゲーム機は一味違います。老いも若きも家族一同で

楽しめる、奥深く、高度なプログラムが相俟って爆発的な

ヒットを生んだのです。


現代では的確なマーケテイングとコンピューター応用が

あいまって、業態や業種を乗り越える、昔は予想もでき

ない競合が始まっています。ちなみにラウンド・ワン社

も新しい試みを始めており、「リピーターづくり」の教室

を展開するため、プロの雇用を増強中です。


ボウリング・マーケテイングでは、若者減少による年齢を

越えた需要と単純娯楽以外のニーズの開発、リピート率の

向上が生残りの鍵となって来ました。前者はキッズ、後者

はシニア世代、リピーターはマニアやスポーツ需要と理解

してよいでしょう。


念のために申しますとセールスなどではなく、個人や社会

におけるボウリング・ニーズを属性(年齢・性別)や目的

別に調べ、テストマーケテイングを営々と続けることです。

ドラッカーは、「マーケテイングとは、セールスのいらない

(販売の)仕組みをつくること」と喝破しましたね。


提言:同志よ、集まれ!

本来のボウリング場は、地域に愛される「憩いの場」です。

種目の特性は、子どもたちの教育に役立ち、地域住民や家族

や三世代交流まで促す、非常に優れた機能があるのです。


また、業界人なら、流行とか景気、日廻りや天候に左右され

ない「安定した仕事」にしたい、とみながお考えでしょう。


しかし、このような大志の実現は、「業界ひとりの力」では、

絶対にかないません。しかし・・・、

コンセンサスが整わない現状では、「同志が集まり、語らい、

力を蓄える」ことがいちばんでしょう。


結局、私の提言は「同志よ、集まれ!」です。

ブーム時代から単純娯楽ニーズに頼ってきた、他人まかせ、

景気頼みの堕落した過去から決別、ボウリングを世のため・

人のためになるように「仕立て直す」のです。


仕事はなかなか難しいのですが、方法は次の通りです。

1.    単純娯楽でない、新しいボウリング需要を開拓する。

2.    需要を広げるために、業界の外に新しい人脈を築く。


1、の作業は、ボウリング本来のスポーツ性や社会性を研究、

時代ニーズや個人の属性、目的別の需要に合わせることです。

作業は順調に進み、ツールの作成、教材印刷まで来ました。

2.は「ロビー活動」ですが、幸にも中央の体育スポーツ行政

のコンセンサスを得て、多くの都道府県に広げつつあります。


もとより、私たちは商業スポーツ施設であり、企業ですから、

一般の方々から「利益を追求するばかり」の人たちと誤解され

がちです。仲間はそれなりの経営理念がないといけませんが、

ともあれ*「話し合うこと」が大切です。

* お問い合わせは、・・・・・・・

                     以下―次号。


追記 改訂版[ボウリング大辞典]を上梓!

おかげさまで歴史年表や新しい技術用語集「ローダウン」など

加えて、ハンデイ版として再版しました。非常に好評と聞き、

安堵しています。ぜひ御社の書架にも1冊、加えてください。

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ