普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第34章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成20(2008)年5月1日号

目次
第33章
第32章
第31章
第30章
第29章
第28章
第27章
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

ボウリングを仕立て直す(その2)


 人口構造の高齢化が進み、レジャー関連業界に急速に暗雲が垂れ込んで

きました。また、昨日は「自民党支配の終焉」が間近いと思わせる山口県

の選挙結果が報道されました。


1.業界のいま

ちょっと以前まで、業況の変化は[経済の変化]とたかをくくっていた

のですが、実は経済の変化ではなく、「社会そのものの変化」と考えないと

出遅れる情勢になりました。コホート分析を思い出してください。


業界はいま、未曾有の試練に向かっています。

政治の変化、人口構造高齢化、若者の急減、着々進んでいるボウリング

のレトロ化、競合の出現のほかに、センターは現場管理者(支配人など)

の高齢化による超保守化・チャンレンジ精神の欠如・安全運転の事なかれ

主義が横行、新しい考え方に馴染もうとせず、欠点を批判するばかりの

姿勢が目に付きます。


2.業界を仕立て直したい

今月は、「ボウリングを仕立て直す」私のチャレンジをお話します。

お題目ばかりを唱えても事態は変りませんから、私の仮説や建て直し工程

に基いて作業をすすめなければなりません。作業は工具が必要ですから、

今月はツールをお話しましょう。


次は、この4年来 書き続けている「新しいLTB」戦略の一部です。

総合型構想に参画してから、人集めに苦労しないようになりましたから、

「企業理念そのもの」だったボウリング・テキストの改良が急務となって

います。


同時進行で、「指導者と管理者のマニュアル」も平行して作成しましたが、

こちらはずっと易しい仕事で、バリバリ進みます。指導・管理マニュアル

の一部分をご紹介いたしましょうか。


(写し)新しいLTBとは

成功センターの見学に訪れる業界人が少なくない。

しかし、数回 足を運んで、真の成功理由を学べる

ほど単純ではなく、報酬なしに気前よく「本当のノウ

・ハウ」を開示するセンターもありません。


@新・LTBの定義

今までにボウリングを殆どやらなかった人や、

初めての人々を集めて教育・理解させ、遂には

*愛好者(リピーター)まで育て上げることを

目的とする、戦略的なボウリング教室。


A5回・5週(1回×2時間)の計10時間が

定型。その上に「模擬リーグ」などを組合せ、

6―8週間ぐらいまで伸長できる。また、目的に

より1−2回で終わる短期型スクールがある。


B目的は、LTBでボウリングを正しく理解し、

リーグ参加など「生活スポーツを楽しむ」よう

動機づけすること。仮に参加頻度が少なくても、

この種目をよく評価する*オピニオン・リーダー

になっていただくのです。


C全テキストは、属性ごとに異なるボウリング・ニーズ

(アンケート聴取など)に立脚しており、セールス

・トークのマスターに重点をおくものです。


*オピニオン・リーダー:ボウリング理解者で、「くちコミ

のPR」をしてくれる、有名・無名を問わない重要人物。

多くは、若者より地域の年配者であり、知識人、地元有志で、

ふだんは目立たないが本当の有力者。

家庭においては父母、地域PTA、町内会役員であり、

学校では青少年育成協議会委員、体育指導委員である。

当然、総合型構想推進に関わる方々を指すことになる。

(注意)事例は、別冊「集客マニュアル資料集」に収めた。

50ページを越す資料集は、プロモーションに役立つ

新聞報道と事例研究論文を収録してある。


(写し)トレンド・マーケテイングの終焉

いまから30年以上のむかし、時代のトレンド(ブーム)から

出発したボウリング産業でしたから、結果的に一方的な広告戦略

に頼り、スポーツ医・科学の知見を応用して、人々のスポーツ・

ニーズに根拠をおく提案型の活動まで至らなかったのです。

最近はマス・メデイアにつぎ込む原資も少なく、継続的な効果

も期待するほど発揮できていません。結局、ボウリング場など地域

に生きる企業は、自助努力で顧客を開拓しなければなりません。

次は、旧式のltbが抱えていた根源的な問題の解決策です。


@理論武装する:

100種以上あるスポーツで、なぜ最優先するのか?

どのような*運動効果や生活メリットがあるというのか?

運動歴や体力差、性と年齢差があるのに、理由は・・・?

資料:ボウリング「三つのメリット」。


A少なくともスクールに参加するような方々は、明確な動機

(運動を継続したい・新しい友人や知人と気持ちよく楽しむ

環境)を望んでいる。そこでは、思いつきの接客や口先だけ

トーク、「投球技術の高低に重きをおく」考え方や接客では

全くなじまないし、「大衆娯楽」の接客ではない。


B「企業理念を再構築」して、地域に大衆に訴求する。

企業不祥事が続々と明らかになる時代です。理念がないと

信用されないし、*本書の提案も不可能になってしまいます。

(特記)現代消費者は、企業を「疑惑の目」で見ている。

ボウリング・メリットの主張で、科学性に乏しい、商業色に

染まった旧来のポスターやちらし、単純で一方的なセールス・

トークなどは、全て廃棄しよう! 商業スポーツ施設らしい

「より高度で、洗練された、信頼される接客レベル」を!


(写し)開拓を急ぐ! 戦略ツール

長い不況のあと、業界はいま新規設備投資が難しい経済環境

にあり、魅力的なハード・ウエアもいまだに登場せず、新規

顧客の創出に苦慮しているところです。*現代経営学の巨人

ドラッカー先生は、次のように言っています。


*ヒント: あらゆる組織が、「社会的なニーズ」を把握し、新しい

ビジネスの出発点とすべきである。今までの50年間にやってきた

ことを、更によく努力して行ったとしても、精々は「現状維持」で

しかないのだから・・・。 「断絶の時代」 P.F.ドラッカー


これからの売上げ伸長は、接客技術など僅かな改善程度では

望み薄です。確実な達成は、次の戦略ツールを駆使して、遠く

を見ながら営々と続けるマーケテイング活動あるのみです。


総合型理念に「相乗り」が難しい・・・と悩むより、まずは

はじめることです。そして、経営者かそれに準じる者が陣頭

指揮しましょう。まったく新しいビジネス・モデルを、構築

するのですから。


*戦略ツールは、指導者マニュアルのほか、次の2種類。

@属性別の「テキスト」と「指導マニュアル」

A 〃   「集客マニュアル」と「資料集」

*属性とは:キッズ・ジュニア・レデイス・シニア・ヤングを指す。

 
それぞれ教室用テキスト(冊子)とパンフレット(A3サイズ二つ折り)

があり、目的と日程の長短で使い分ける。資料編は、ボウリングに関係

する社会的な話題を大量に収めてある。


3.こんごの方針

出だしは以上の通りですが、作業は順調に進み、同志も増えて

なかなか楽しみになってきました。ますます、やります。


最後に、突然の大ブームによって生まれ、半世紀を過ごしてきた

産業が急には「生まれ変われない」でしょう。しかし、リーダー

と現場の強い意志、市場変化に対応する確かな手段を飽くまで

続ける根気があれば、まったく不可能ではありません。


長い間いろいろな方のご意見を聞いてきましたが、結論はひとつ

脱トレンド・マーケテイングです。「自力で新しいボウラーを」

つくるのです。


総合型構想に参画、センターへ多数の人々を招きいれ、種目の

魅力と真価を体験していただき、地域におけるボウリング場の

役割と貢献を正しく、あまねく主張することです。


 私の結論に賛成しない業界人が、最近はめっきり減りました。

参入を躊躇うのは、種々の理由で業界から退出しようとして

いるか、理屈は分かるが、難しいと思っているのでしょう。


 仮に、改革の意思があっても、50年も続いたものを新しい

経営スキームに変えることが易しいわけはないのです。困った

ときは、原点に帰ってみるしかないのです。

再度、トレンドというものについて、よく考えて見ましょう。

では、また来月・・・。


新LTB 指導者と管理者のマニュアル 表紙
新LTB
指導者と管理者のマニュアル 表紙

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ