普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第35章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成20(2008)年6月1日号

棟方志功 1903-1975
棟方志功 1903-1975
目次
第34章
第33章
第32章
第31章
第30章
第29章
第28章
第27章
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

ボウリングを仕立て直す(その3)


われわれの業界は、大ボウリング・ブームという願ってもない時代の

動きに乗って発展してきました。疾風怒濤のあと、レーンと人口総数

の需給バランスが取れ始めた1980年代は、1000円レジャーの

割安感からか続伸を続ける売り上げを見て、ボウリングの魅力はまだ

まだあるなと思えました。


それが1992年をピークに、ずっと*前年比一ケタ減から脱出でき

ず、続落傾向にあることはご承知のとおりです。以前まで、業況変化

はGDPなど[経済の変化]と高をくくっていたのですが、人口構造

の変動に起因する社会の変化が始まったのです。

  *1992−93年 参加人口4,020万人、2,040億円。


 1、業界を仕立て直したい(2)

今月も、「ボウリングを仕立て直す」チャレンジについてお話します。

前回、長く書き続けていた「新LTB」戦略の一部をご紹介しました

が、早速どうしたら入手できるのか、総合型構想への参画には、何か

の*資格が必要か、人集めに苦労しないとはどういうことか、などと

質問がありました。

 *私見ですが、JARBAセンターであることは、最低限 必要でしょう。


応対する前に、質問センターの「属性」を調べましたが、残念なことに

JARBAメンバーではなく、開業以来ずっと完全な娯楽型センターを

志向してきたようでした。したがって、人(指導者)もおらず、総合型

理念に適う活動をするには、どうかな? と危惧されるセンターでした。

私の「マニュアル」には、総合型クラブ構想とボウリング場の共同作戦

を中心に書かれていますが、安直な発想でやるなら、正直いって願い下

げたいと思うのです。


(写し)新LTB マニュアルの一部抜粋 

今までにボウリングを殆どやらなかった人や、

初めての人々を集めて教育・理解させ、遂には

*愛好者(リピーター)まで育て上げることを

目的とする、「戦略的なボウリング教室」である。


@5回・5週(1回×2時間)の計10時間が

ベースとなり、その上に「模擬リーグ」などを

組合せて6―8週間ぐらいまで伸長させる。

目的によって、1−2回で終わる短期型スクール

がある。


A目的は、LTBでボウリングを正しく理解し、

リーグ参加など「生活スポーツを楽しむ」よう

動機づけすること。仮に参加頻度が少なくても、

この種目をよく評価する*オピニオン・リーダー

になっていただくことが目的である。


Bテキストは、すべての属性で異なるボウリング・

ニーズ(アンケート聴取に立脚している)を基に

しており、セールス・トークのマスターに重点を

おくものである。

*オピニオン・リーダーとは:ボウリング理解者で、「くちコミ

のPR」をしてくれる、有名・無名を問わない重要人物。多くは

、若者より地域の年配者であり、知識人、地元有志で、ふだんは

目立たないが本当の有力者である。


例えば、家庭においては父母、地域PTA、町内会役員であり、

学校では青少年育成協議会委員、体育指導委員である。当然、

総合型構想推進に関わるすべての方々を指すことになる。


2.構想が分からない人たちが,まだまだ多い!

ブームから出発したボウリング産業で長くやってきた人たちの中には、

私の提案を理解しない(できないのではなく、したくないのだろう)

方々が、「この地では多い」のだな、と思うことがある。

そして相変らず、業界側の一方的な広告戦略に頼り切っており、この

ような提案型活動を「面倒くさがる」ように思える。業界にはすでに

残された時間が少ないだけに、まことに残念です。


前にも申しましたが、最近はマス・メデイアにつぎ込む原資も少なく、

継続的なパブリシテイにはなかなか至っていない。したがって、効果も

期待するほど発揮できず、一時的な効果はあっても、長続きすることは

めったにないのです。


結局、ボウリング場など地域に生きる企業は、自助努力で顧客を開拓し

なければ生きてゆけないのです。色々な方のご意見を聞いてきましたが

、結論は脱トレンド・マーケテイングです。「自力で新しいボウラーを」

、同志が集まり、力をあわせてつくるのです。


とは言え、結論に賛成しない業界人が、最近はめっきりと減りました。

参入を躊躇うのは、種々の理由で業界から退出しようとしているのかも

しれません。


3.産業の本質とトレンドの終わり

さて、トレンドの定義を「時代の気分」とか「流行」とかにおきかえると

、理解しやすい。ボウリングがとっくの昔に[オフ]になっていることは

、業界人は誰でも[肌で・・・]感じているであろう。


このたびのブリタニカ執筆では、ブームで始まった業界の説明で苦労した

が、時代と社会の風潮を正しく知るには、社会学や民俗学などの基礎学問

絶対に欠かせないことに今更気づくのでした。1960年代から70年代

の日本人の[遊びの意識]とボウリングについて、評論家 立花 隆氏は

、次のように*著述していますが、30年前の指摘が現在の業界に依然と

して当てはまるのは、いかがなものでしょうか。


・・・遊びの世界でも、ますますセグメント化が進行する。

その意味でポスト・ボウリングの本命はない。というより、

ボウリングは前レジャー時代の「あだ花」でしかなかったと

見るべきであろう。


ボウリングの中には、「多様性」がない。

どこに行っても、同じ非個性的な機械を相手に同じ行為を繰り

返すだけだ。その意味では、同じ条件におかれているパチンコ

が廃れないのは、別の要因による。・・・


ギャンブルであること、孤独なゲームであること、以上の二つの

要因が与えてくれる個人的なドラマ性、技能と偶然性(機械の

良し悪し)の適度な混在等である。・・・


もし、パチンコのルールが改訂されて、ボウリングのように全く

等質の機械が並ぶ店で、指定された台で打ち、どちらがよく入る

かを競うゲームにされたとしたら、パチンコはたちまち廃れるに

違いない。・・・ 1976年[遊びの研究]岡敬三ほか編より抜粋

最初に私見を述べれば、まったく賛成できない見解である。立花氏の論調は、

当時としては完全に当たっているが、今も将来も正しいとしたら、業界は何を

頼りに仕事をするのであろうか?


過去はともかく、将来も立花氏の指摘どおりの業界で良いとは、誰も思わな

いだろうが、「完全な反論」を試みる業界人は、少ないだろう。


そこが問題点なのである。


上の文章を読んで「ボウリングにギャンブル性を取り入れたら」とか、

「キャッシュ・プライズのリーグやトーナメント」などと言い出す

「浅知恵」の業界人が、いまも多いことも更なる問題点なのである。

どうかみなさんの議論を深めていただきたい。


単純娯楽のツールであり続けたボウリングに、新しい付加価値を見出す

同志が集まり、新しい方向の仕事を始めたい。政治家や業界リーダーが

一堂に集まり、将来を話し合うのは大いなる進歩だが、前提として社会

変化とニーズに根底から対応する理論武装を忘れてはならない。


ときは、大きく動いている。


新しい「スポーツ振興法」の制定、次なる通常国会で[スポーツ庁]発足

の提案がなされる機運にあり、文科省とJBC、経産省と日本ボウリング

場協会の関係でも、まったく新しい展開が予想できる。


将来を見据えた「仮説による」行動こそが、最も重要な時代であることを

忘れないようにしよう。今なら何ができるか、仮説の実現に足らないもの

は何かなどを話し合い、準備をはじめる時期なのである。

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ