普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング! 第36章

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

平成20(2008)年7月1日号

浅田梨奈 07年高校チャンピオン
浅田梨奈 07年高校チャンピオン
目次
第35章
第34章
第33章
第32章
第31章
第30章
第29章
第28章
第27章
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

ボウリングを仕立て直す(その4)


前号の続きである。

遊びのブームで始まったボウリング業界だから、遊びとボウリングの

関係など、いまこそ基本に帰った地道な議論が必要だろうと考える。


生来、私は社会学が大好きで、若いころから基礎的な書物はたいがい

読み耽ってきたが、これからは多分 ここで述べるような*遊びの方向

にあわせた仕事が正解になるだろうと確信している。

 *単純な娯楽ばかりでなく、自己実現の方法としての現代的な遊びの意。


いささか短慮であるといわれることを覚悟して、仕事人らしい簡潔な

物言いで述べてみよう。


 1、業界を仕立て直したい(3)

今月も、「ボウリングを仕立て直す」チャレンジです。

「新LTB」戦略のテキストとマニュアルは、次のような仮説から

スタートしました。


すなわち、ボウリングを「生涯スポーツとしてやってみよう」と思う

人々を想定しています。あるいは、スクールの後に「その気にさせる」

つもりでもあります。


教室のテキストは、人々がボウリングに期待していること、ボウリング

で実現したいことに添って執筆しました。一部をご紹介しましょう。


 2.ボウリングをする理由:簡単にいえば・・・こうなる

@子どもたち:健やかに、元気に、素直に育ってほしい(親の願い)

Aレデイス:いつも美しく、健やかに、家族・友人となかよく

Bシニア:健康不安・社会や家庭から孤立したくない・道志向

Cヤング:より多くの人たちと知り合いたい、楽しみたい

D会社・商店・団体:職場の親睦とやる気の向上

E自治会・町内会・PTA:地域・学域の親睦と世代交流


以上は顧客の6つの属性とニーズであるが、実際のスクールにおいては

、コーチのせりふが[動機付け]の重要なポイントとなる。動機付けの

キーワードを簡潔にいえば次の通りであるが、総合型プログラムでは、

「すらすら言える・・・」までなんどもトレーニングする。


子ども:教育の場として、親子の対話、子どもの交流、ストレス解消

レデイス:健康と美容(やせたい)、友人家族との楽しみ、ストレス解消

シニア:10年若く、友人家族と交流、同世代交流、道志向、孤独感解消

ヤング:友達、知人がほしい、何かに熱中したい、仲間に差を、運動したい

職場・職域:世代・地位を越える交流と懇親、やる気アップ、ストレス解消

地域:住民の交流、世代間交流と連帯感醸成、運動の楽しみ、ストレス解消


 3.スポーツ・レジャーを楽しむ人々の変化

社会の変化は、必ず文化行動の変化をもたらす。

遊びも同様に変化するが、様々な要素が絡み合っている複合的なもので

あるから、単純に定義することはできないし、無意味でさえある。


分かっていることは、遊びでも、より上位の概念で行動する賢い人々が

おり、その消費行動がさらに成熟してくることである。賢い人とは往々

にして社会のオピニオンをリードする人であり、*これが増えてくると

「流行現象」まで引き起こす。

 *社会現象をリードするのは、ひとむかし前のように若者とはかぎらない。


スポーツ・レジャーでも、アメリカ型の単純大量消費ではなく、テーマ

を持った行動をする人が多くなる。ヨーロッパ型の消費がだんだん増え

てくるのである。テーマを追求するために、当然のようにリピートする

のである。


果たして、ボウリングは「それにふさわしいアイテム」であり得るか?

リピートして飽きない、奥行きある内容とサービスを提供できるのか?

はたして、愚問である。スポーツであるから、当然できるのである。


業界は、「ここをずっと忘れて行動し続けてきた」だけである。

賢い人々は、まだいまは多数派ではないが、必ず増えてくる。人口減

時代は、単なる来場数よりもリピートする人々の数で産業の興亡が

決まる。


リピート率の向上とはなにか? 古くて新しい、切実な命題である。

その意味で「5,000万人キャンペーン」は、ちょっと方向違いの

感があるが、業界の[励まし]の掛け声と聞けば納得する人もあろう。

だが・・・、急いで方向転換する必要はないのだろうか?


カイヨワやホイジンガ、フロイトの遊びとレジャーの心理学など古典的

理論はさんざん読んだが、遊びの動機が「日常からの逃避から自己拡張

のチャレンジ」へ変るとき、スポーツが登場する好機である。


スポーツと遊びは、すぐれて個人的な行動であるが、スポーツの実体は

陶酔と冒険の世界である。しかし、「遊びが商品化された」歴史をもつ

ボウリングは、長い間*「単純な娯楽アイテム」と誤解され続けてきた。

  *前号、立花 隆氏の論文を参照。実にひどく誤解されている!

もし、ボウリングがスポーツでないとしたら、真のリピーターを育てる

ことは絶対にできない。われわれの産業は座して死を待つことになろう。


フランスの社会学者デュマズイエは、余暇を「休息と娯楽、自己啓発」

に分けたが、ボウリングはすべてのニーズに応じられる、非常に優れた

種目特性がある。そして、総合型構想を助ける仕事を、単なる売上げ

促進と考える人は、幸にも、決してわれわれの仲間入りして来ない。


われわれは、業界主流とは全く[異質の存在]であリ,少数派である。

しかし、新しい時代社会の中で、健全な発展を遂げることを望むなら、

*旧来の業界文化とは異質の試みを営々と続ける必要がある。残り時間

は少ないが、いま正攻法に戻る余裕はまだまだあると思うのである。

 *トレンド志向から提案型のマーケテイングへ変換すること。


以上の話をすると、「ボウリングはスポーツか、否か?」などと、議論を

ふきかけてくる人(たいがい、本人は大真面目なので困る)に出会う。

ものの価値観には、おのずから個人差があり、幼稚な議論につきあえば

時間の浪費であろう。大切なことは、行動なのである。 −以下、次号。

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ