普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング!

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

第40章 日場協が始動!!

平成20(2008)年11月1日号

池田 清明 画
池田 清明 画
目次
第39章
第38章
第37章
第36章
第35章
第34章
第33章
第32章
第31章
第30章
第29章
第28章
第27章
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに

 業況は更に悪化の一途を辿っており、一部のセンターは撤退の動きを

みせています。関係者はみな閉塞感に悩み、現場は打つ手がない状況に

あるので、中央の業界リーダーの働きに強く期待しています。


 本稿を書いている時点では、日本ボウリング場協会(事業委員会)が

緊急対策会議を招集、難局を打開する考えを纏めると聞きます。恐らく

即効的対策と中長期の事業が話し合われると思いますが、ここで幾つか

の私見を述べてみたいと思います。


 将来は、どうあるべきか?

 1970年代末、疾風怒濤のブームが終焉の兆しを見せ始めたころの

新聞は、まるで[ボウリングそのものが消滅する]と読みたくなる論調

にあふれていました。一方、テレビ自体はデジタルですから、閑古鳥が

鳴くセンターを写しだす報道ばかりでした。


 現代メデイアの恐ろしさは、ここにあります。

 ことに、即効性の強いテレビは「短絡したがる大衆のアナログ思考」

を猛烈に加速するので、業界にとっては、殊更注意すべき存在です。


 いま、みなが言うような「テレビだけで」、立ち直れるものか?

 私は難しいと思いますが、こんごも「単純娯楽」の需要だけに頼った

片肺飛行では同じわだちを踏むことになるでしょう。ボウリングがもつ

本来の魅力や機能を生かしたPR作業を、いち早く始めたいものですが、

私自身は「公的な需要」の開発が鍵であろうと思っています。


 ボウリングと言う[単一商品]に、スポーツと言う付加価値があり、

この需要を切り開くことが業界の将来を決めるはずです。つまり、単純

娯楽は極めて個人的なもので、これからも大事な大事な要素でまことに

有難いものですが、未開拓のさらに大きな分野が残っているのです。


 本種目がもつ、優れた二面性と機能を考え直そうではありませんか。

 現場も負け犬の発想を止め、連帯して希望に向かって歩く好機です。


 
マス・メデイアとボウリング(私見)

 本題に入りましょう。

この業況では、委員会は「即効性のあるメデイア」利用の対策を選択

するでしょう。しかし、メデイア戦略を進める上で大きな問題が幾つか

あり、私のような素人考えでは埒があかないところばかりです。


 例えば、テレビでボウリングのシーンを想定すると大問題は「すでに

、ボウリングは新しくない」ことです。また、食品偽装など続々と企業

スキャンダルが続く時勢を考慮すべきです。「企業不信」が蔓延している

とき、一方的情報のみを発信するテレビでは、識者と地域住民の反発を

買う恐れや危険性がつきまとうことです。


 ですから、ここで従来型の「おちゃらけ」芸人や「ムード広告」は、

きっと利かないでしょう。素人考えでは、たぶん「社会広告」のような

コンセプトがよかろうと思うのですが、どなたか、この道の一流プロに

コンセプト制作などすべてを依頼するしかないでしょう。


 業界の閉塞感を払拭する、新しい道は[スポーツ需要の喚起]ですが、

私の場合、テレビは一切使いませんし、期待もありません。ボウリング

普及の作業は、体育・スポーツ行政に協力することから入るので、将来

は判りませんが、いまはTVを使えないことに特別 痛痒を感じていない

のです。


 仮に、マス・メデイアを使えと命令されたら、私は新聞かラジオ、雑誌

など、やや時代遅れタイプを選択します。理由は簡単! カネがかからない

からか? と聞かれますが、スポーツが持っている公共性とボウリングの

関係を正しく伝えてくれるメデイアなら、「解説型」がいちばんなのです。


 解説型メデイアは、ボウリング普及の深い考えを伝えるのに最適です。

ボウリングがスポーツであると主張するなら、「手元に残る」形で正確に

かつ簡潔に、「読者に正しく考えさせる」ように報道してくれます。私は、

「新聞はテレビよりずっと信用がある」と思いますが、如何でしょう?

N・H・Kテレビを除いて、ね!


 
直近、私の仕事

 例年8月―9月は、行政研修会でトーホン・セーソ−していますが、

JBC関係ではなく、北九州市・福岡市・横浜市・岡山市・高松市・

奈良県、北海道など体育行政(県市教育庁・教育委員会)主催による

[体育指導委員会・ボウリング研修会]100−300名へ出講です。


 総合型構想に参画して7年たちましたが、忙しくなるばかりです。

 地域のスポーツ行政を担う人々(体育指導委員・体指・たいし)は、

地元有力者か熱心なボランテイアを動かす方々なので、このような場で

[ボウリング種目の優位性と特性、総合型構想に協力する理由、学校と

の連携など」を2時間以上も話せるのは、実にやり甲斐があります。


 大きな船は、急には曲がれない! といいますが、私の活動範囲では、

曲がりはじめ出して[ボウリングの方へ向っている!]と実感します。

前述のような、新しいボウリング普及の道は、このような地道な仕事で

、近いうちに、かならず実現できると確信しています。


 先ほど、現場に[負け犬]がいるように書きましたが、いちばん多い

のは、あえて言えば「ベテラン」だと思います。(宮田が)言うほどには

「売り上げが上がらない」、[前例がない]、[できる人がいない]、[時間が

ない]といろいろ言いますが、 大事業だから当たり前! なのです。


 正直な経営者が嘆かれることは大いに共感しますが、幹部社員、現場

リーダー、プロ・ボウラーが盛り上がらないのはいけません。大規模な

顧客の創造作業に自分勝手な都合や論理でとりかからないのは、自分は

もちろん業界の為にならないと思うのです。


 仮に・・・、実績が徐々に上がりだしてから、御社は直ちに参入でき

ますか? 競合している隣のセンターや上場企業が[ひそかに・・・]、

色々な準備を始めているとしたら、どうしますか? 撤退しますか?


 とにかく、年末は多忙です! みなさん、お身体を大切に!

 最後に、私がすすめているプロジェクト(本年度の後半期)の基本的

な考えをご紹介して終わりにしましょう。


 
スポーツ・ボウリング振興の基本  2008年後半

 何より新規顧客をつくること! この可否が企業の死命を制します。

考え方は簡単です。[クラブの自立]を目指す総合型クラブと行政に

最大限協力して、地域の多様な住民組織と教育機関を呼び、スポーツ

・ボウリングの優れた種目特性、楽しさをご理解いただくのです。


1.経緯と近況

 体育・スポーツ行政の基本は、文部科学省「スポーツ振興基本計画」

です。先年、ここに企業(商業施設)の参画を期待すると明記されて

から、私たちの提案を県市*教育委員会が評価、地域(クラブと学校

関係者)の理解と近親感が広がり、大いに期待されるようになった。


 幸運なことに、これまでのテスト・イベント(体験会・研修会)の評価が予想

以上に高く、地域行政とクラブから「次なるボウリング企画」をリクエストされて

いる。 *例:体指委員会、総合型クラブ、子ども会、幼稚園など別紙。

2.拡大ロビー活動が必要になってきた

 いままで毎年、行政や総合型クラブに「提案書」を提出、種目の特性が

クラブ経営に有用であるとPRに努めてきたが、すでに全国「クラブ連絡

会議」でも、ボウリングのとり組みと効果、人気が話題となっている。


 従って、この方針は暫らく貫くことにする。将来も「クラブの自立」で

この種目が強力な武器となり、企業の知名度も上がって、共感が広がると

確信する。しかし、企業にとっての真価は、「販促の人脈」が形成される

ことであり、「エリア・マーケテイング成功」の原資となることである。


注意 1.「提案書」はクラブ・マネージャーを取材、相手ニーズに特化した

      ものとする。厚労省行事(メタボなど)も、提携先を探して仕掛ける。

     2.本事業は「ボウリング場のためだけ」にするものではない。会社は

      社会の一員であり、「信頼・マーケテイングの礎」を築きたいのである。

     3.拡大すべき対象 一覧

      1.学校群(幼・小中高・大学・保護者会など)

      2.自治会・町内会・商店会(メタボ・運動会)

      3.会社・法人(大企業労組のメタボ対策・運動会)

      4.NPO組織(スポーツ教育関係のPR懇親行事)

      5.生協・農協など(懇親・会員サービス・メタボ)

      6.市民団体(行政財産・公共施設指定管理者など)

      *鋭意、提案書や目的別のテキストなどの

       ツールを作成中です。

     4.社員教育の日程と人選について

      *戦術マニュアルなど別紙。

            後 略

 

   宮田哲郎事務所 2008・9・1

普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ