普及活動のページ レッツ・ゴー・ボウリング!

宮田 哲郎

(社)日本プロボウリング協会 (社)日本体育学会・体育経営管理部会員

第71章

平成23(2011)年6月1日号


目次
第71章
第70章
第69章
第68章
第67章
第66章
第65章
第64章
第63章
第62章
第61章

第60章
第59章
第58章
第57章
第56章
第55章
第54章
第53章
第52章
第51章
第50章
第49章
第48章
第47章
第46章
第45章
第44章
第43章
第42章
第41章

第40章
第39章
第38章
第37章
第36章
第35章
第34章
第33章
第32章
第31章
第30章
第29章
第28章
第27章
第26章
第25章
第24章
第23章
第22章
第21章


第20章
第19章
第18章
第17章
第16章
第15章
第14章
第13章
第12章
第11章
第10章
第9章
第8章
第7章
第6章
第5章
第4章
第3章
第2章
新時代2
第1章
新時代1
はじめに


 震災は神意か、みなが閉塞感に包まれ、意気消沈している。

 私は「公益」という仮説があるので、ふだんと変わらぬ研究を続け

、神の与えた試練をこころに深く受け止め、斎戒している。


 しかし、自粛は大衆の消費マインドを冷やし続けている。

 この時節、業界の困難を乗り越えるには、「公益を盾に結東」して、

再生に向かつて一心に走り出すしかない。


 テレビだ有名人だと言つている内に、限界産業の道を歩む自分を

見つけることになる。すでに商材のコモデテイ化が進んでおり、大金

はたいて「目立つ」ことを願う理由はない。


 いまは、万人が納得する理由がなければ、新しい市場を発見誘致

する芸当はできない。どんなに難しくても、挑戦するしかない。


 1)議論しよう: ボウリングの公益とは、何か?

 問われなければ、「このことで発言するJのは止めたいと思つている。

 しかし、同志には幾らでも協力するとも決めた。世に役立つことには

、なぜか「旬」があり、腐らないうちに使つてもらい、プラッシユロアップ

したいからである。


 過日、某チェーン会社の幹部に会った。

 「気前いいのですねJといわれたが、真意は金儲けではないので、

断る理由も当方にある。動機も手法もまじめでないと困るのである。


 わたしの仮説に、ポウリングを「地域スポーツのトップロブランド」に

仕立てる計画がある。ここは過去の成功体験に浸つている発想は、

まるで歯が立たないので、あらゆる角度から「需要予測」して、商材

をマーチャンダイズしている。


 地域は社会そのものであり、最小の構成単位は家族である。

 そこで、「コラボしたい」と言つてくる異業種・異業態の会社法人が

出現、スポーツNPOとの連携、市民組織との協働が必ず生まれる。


 かくして、公益が「経営パラダイムの変革」をもたらし、対応に苦慮

することが増える。キーロワードは、地域であり、家族である。


 2)会社のなかに、将来はない

 前年対比に追われ、将来や未来の準備をしなかつた企業、地域や

社会に「何の提案もしてこなかつた」センターは、思わぬ競合に市場

を奪われ、撤退を余儀なくされる。例えば、株式を公開している企業

である。


 私見だが、上場企業が旧来のボウリング場経営から脱皮、何らか

の手段で地域社会へ打つて出るのは日に見えており、それはあした

かも知れないのである。地域とはキッズとジュニア、祖父母、保護者

の家族、地域住民組織である。


 予算があれlfTVも、盛大な「ちらし」作戦も使いたい。

だが、すべては大資本の独壇場であり、個のセンターでは実行でき

ない現実がある。


 3)再度、問いたい

 ボウリングの存在理由、ポウリングの公益とは何かを議論しよう

ではありませんか?何が公益で、ポウリング場は何処

へ行くのか?適正利潤は、果たして確保できるのか?


 過去10ヵ年、公益にかなう仕事を続けてきたが、志を持つ人は

稀であつた。日和見を決め込み、営業になりそうなら、いち早く参入

しようするばかり、成果を明かさない私の態度を疑つていた。


 だが、営業の数字を話すわけには行かない私の立場を理解して

ほしい。その前に、地域という巨大商圏で「工程表」や「売上表」を

作文するに無理がある。


 4)公益にかなう事業のありかた

 事業の再生とは、「収益の複線化」である。地域に立脚する事業、

クラブを′く―トナーとする戦略は、対象が巨大すぎて、短期的評価

につながらないが、ポウリング企業の「理想像」である。



注意

1.クラブと行政は、公益を目指している。すなわち、保健口医療・福祉・

社会教育・子育て・町づくり・文化(スポーツの)である。ここで人気の

ポウリングが優位性を発揮、大いに役立つことを実証した。


2.検証の過程で、利益のみ追求(と思われている)するボウリング

企業でも「CSR思想」のもとなら、些かも矛盾しないことが判つた。

本案は、今まで15道府県監督行政から、出講要請をいただいた。


3.PRのため、地域住民を動員するボウリング行事は人気があり、

行政など関係者に感謝され、「最終消費者に近づく」手段となった。


 もつとも優れた事例は、十三つの学校区において「三世代家族」

の体験会であったが、その後、商日の子ども会や自治会、町内会

など組織的な動員が極めて楽になった。


4.公益法人の所管は、経済産業省(bpai)と文部科学省(JPBAロ

JBC)である。しかし、生涯学習支援の前者と生涯スポーツ普及の

後者に共通項があり、業界の結束に当たつて、監督官庁の矛盾は

ない。
 5.民主党は5月16日、新しい『スポーツ基本法」案をまとめた。

6月半ばまでに、超党派の議員立法で法案が提出される予定。

国家戦略としてスポーツ施策を推進、「地方を志向する」民主党

の主張が強く感じられる内容である。


 5)商材のプラッシュ・アップ

 「スパッと診断」入門・初級・中級編の執筆が始まりました。

ところで、定連さんの高齢化がすすみ、このごろ「ボールが

重くて」とおつしゃる方が増えました。


 ニュー・ボールを売りたくて、理由にもならないことを言う、

経験則ならよいのですが、まつたく理論武装できていない

「素人のスタッフ」が多い現状はいけません。60編のひとつ

をお目にかけますから、今秋発売の折、どうかよろしく:

(以下ロー部を引用)



 質問)重いほど有利と聞き、無理して15ボンド半を使つています。 

   15ポンドちょうどまで落としたいのPですが、大文夫ですか?

 答え)まつたく、大文夫です。リリースの余裕も生まれますし、気持ち

  も大いにリフトアップできます。


   ストライク時のピンは合計33ポンドなので不安がありますね。

  あなたは、早いレーンで「ポールを転がす」技術をもっておられる

  のですから、ご心配に及びません。


   また、新しいボールは材質と仕上げを吟味して選びましょう。

  ・・・中略“・今のボールは、レーンを噛む性能(摩擦係数)が大違い


   図表1.をご覧下さい。調整すべき範囲は、ミリ単位です。

   完全ストライクと残ピン発生の境界は、4分の1インチ(1インチは

  約2.54センチ)程度で非常に狭いのです。


   どうしても、私たちは「ピンにはじかれない」範囲で球速ダウンか、

  アップの微調整が必要です。判断基準は残ピンと簡単に言う人は、

  素人さんです・・・・名人上手なら、・・・略・・・


   お仕事が理科系なので、もう少し詳しくお話します。重いほど球威

  ありという「神話」は、条件つきで健在"・略…口です。条件とは1-3

  ポケット進入角度と*確実な(ソリッド)ストライク率です。口・口略…・

  入射角が『2度」なら、14ポンド台で76%、15で81%、16で86%

  ・・略・・・。4度を境に・・・略・・・入射角を上げれば、差が大きく縮まり

  、その後は、15でも16ポンドと「同じ性能」を発揮します。


    大事なことなので、繰り返します。

    重かつたボールと同じ速度で・・・・略…気味に、少しリフトして、もっと

   回転を¨・お好きな方法ロロ・略・・『やや低い姿勢から」転がすと効果が

   増すと途中で気づいて、しぜん足腰に負担がかかることでしょう。


    こうやつて、科学の所産を楽しみましょう。、

    これで回転初速度を毎秒「3回転」増やせるのです。理論は、ですよ。


 別添Pdf果たして、軽量ボールで戦えるのか?

  図表 ボール重量・入射角度とストライク率

 普及活動のページ「目次」へ 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ