全国ボウリング公認競技場協議会ロゴ全国ボウリング公認競技場協議会
Japan Association of Registered Bowling Alleys

全国ボウリング公認競技場協議会「概要」
全国ボウリング公認競技場協議会「概要」 全国ボウリング公認競技場協議会「あゆみ」 全国ボウリング公認競技場協議会「規約」 全国ボウリング公認競技場協議会「役員構成」
全国ボウリング公認競技場協議会「加盟団体一覧」 財団法人全日本ボウリング協会「公認競技場設置基準」 全国ボウリング公認競技場協議会「環境基準細則」  

全国ボウリング公認競技場協議会 「環境基準細則」

営業時間は午後12時迄とし、以降の営業については次の事項を厳守するものとする。

1.青少年(18才未満)入場について

  青少年の深夜(午後11時から翌日午前4時まで)の立入りは、都道府県条例で禁止されている。条例で定められた様式による掲示を必ず行うこと。

(例)東京都青少年の健全な育成に関する条例により午後十一時から翌日午前四時までの間は、十八歳未満の方の入場をお断りいたします。
(例)
東京都青少年の健全な育成に関する
条例により午後十一時から翌日午前
四時までの間は、十八歳未満の方の
入場をお断りいたします。

2.環境基準について
 (1)競技場内の照度を高め場内を清潔に保つこと
   スポーツ施設にふさわしい明るさと清潔さを保つ。
 (2)社員の巡回を義務付けること
   定時に場内や駐車場等の巡回を必ず行う。
 (3)警察官立寄所を設置すること
   最寄りの警察署と相談の上、「警察官立寄所」のステッカー等を入口に掲示する。
 (4)その他不測の事故が発生しないよう万全の対策を講じること。

3.営業時間延長届出書について
 (1)午後12時以降の営業については、年末年始、旧盆などいずれの場合でも「営業時間延長届出書」を正しく記入の上、提出すること
 (2)届け出の後、延長内容に変更が生じた場合は、速やかに再提出すること
 (3)「届出書」の更新は、2年ごとに行うこと

4.報告の義務について
 万一、不測の事故が発生した場合は、速やかに環境委員会に報告すること

5.本細則は平成2年3月16日より実施する。

全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ