●砂糖の啓発活動●

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

編みパン スイス
編みパン スイス

砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●砂糖啓発活動の御礼

社団法人糖業協会(東京都千代田区)が、3月10日(水)〜5月10日(月)迄の2ヵ月間に亘って行なった、平成22年度砂糖啓発活動に、全国47都道府県100センタ−のご協力を頂きました。各会場センタ−には厚く御礼を申し上げます。

●砂糖は、筋肉のベストパ−トナ−!

[効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ]

筋肉はタンパク質の合成によってつくられますが、そのタンパク質の合成を高めるために、栄養的に大きな役割を果たすのが、砂糖だということはあまり知られていません。それは、すい臓から出るインシュリンの働きと、大きな関係があります。インシュリンを通して発揮される砂糖の働きには“タンパク質の分解を抑える”“タンパク質の合成を促進する”という働きがあります。インシュリンは、筋肉にアミノ酸の取り込みを促す働きをしますが、運動の後に砂糖を摂取して、このインシュリンの分泌を刺激し、質のよい筋肉づくりを助けることが大切です。

[砂糖を摂るのも、タイミングが大事!]

特に、ウェイトトレ−ニングの直後の身体には、タンパク質を合成する力も、分解する力も最高に達しています。そこで、砂糖を摂ると、タンパク質を分解する力をストップさせ、たんぱく質を合成する力をあと押しできます。運動の直後は、人工甘味料ではなく、砂糖を使った甘いお菓子やあんパンなどのパン類、キャンディ−などを食べるようにしましょう。また、睡眠中は、タンパク質合成を促進する成長ホルモンの働きが、特に活発になります。そこで、これを促すために、寝る前の食事である夕食にタンパク質食品と砂糖を使った食品などを一緒に摂るようにすると、非常に効果的です。

[砂糖は、エネルギ−補給にも最適!]

エネルギ−の消耗が激しいスポ−ツ選手にとって、砂糖は効率的なエネルギ−補給源となっています。スポ−ツをするとき、身体は酸素を使ってブドウ糖を分解してエネルギ−をつくり出しますが、ブドウ糖が不足すると低血糖となり、疲労度が増します。そこで、食べてすぐにブドウ糖に変わる砂糖は速効エネルギ−源として役立つのです。筋肉づくり、エネルギ−補給に、砂糖を上手に摂りましょう。

前の「記事」へ戻る 「全公協たより57」へ戻る 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ