砂糖の啓発活動●

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

アメリカンマフィン アメリカ
アメリカンマフィン アメリカ

砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●脳のエネルギ−はブドウ糖だけ…

[ブドウ糖だけが脳の厳しいチェックをパス]

脳は、たいへんな大食漢!摂取するエネルギ−の約24%を費やしています。でも、そのエネルギ−源となるのは、唯一、ブドウ糖だけです。また、他の臓器ではタンパク質や脂肪もエネルギ−となりますが、脳は、脳血管関門といわれる検問所で厳しいチェックを行い、ブドウ糖以外のエネルギ−源を通しません。しかも、脳に蓄積できるブドウ糖量はごくわずかなので、常に補給し続けなければ活動できません。

砂糖を摂るとすぐにブドウ糖になり、すばやく脳のエネルギ−となります。さらに、砂糖とタンパク質を同時に摂るようにすると、脳の働きをよくする神経伝達物質のひとつ“セロトニン”の合成を促し、学習・記憶能力がアップします。

[砂糖で、心もリラックス]

“セロトニン”という神経伝達物質は、精神をリラックスさせる働きもします。脳がセロトニンをつくるためにはアミノ酸の一種“トリプトファン”が必要ですが、トリプトファンはブドウ糖と一緒でないと脳内に入れません。そこで、トリプトファンを含む卵や肉・大豆などと、ブドウ糖をすばやく補給できる砂糖を同時に摂ると、脳はトリプトファンを効率よく取り込み、気持ちもおだやかになります。

[砂糖と記憶力]

20歳の女性たちを対象に、ブドウ糖と言語の記憶力や流暢さの関わりを調べたところ、ブドウ糖を含む飲み物を摂ったグル−プの方が頭がすっきりし、多くの単語を思い出せたという結果も出ています。すばやくブドウ糖に分解される砂糖は、脳の速効性エネルギ−として脳の働きを活性化し、記憶力アップを助けます。

前の「記事」へ戻る 「全公協たより58」へ戻る 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ