●砂糖の啓発活動●

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

サバラン フランス
サバラン フランス

砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●お砂糖は植物からつくられた天然食品です

[実り豊かな太陽エネルギ−のたまもの]

砂糖の原料はサトウキビとサトウダイコンです。どちらの植物も緑の葉の表面で、土・水・空気の恵みをふんだんに使い、豊かな太陽エネルギ−で光合成を行います。そうして凝縮された“甘さ”をサトウキビは茎、サトウダイコンは根にたっぷり蓄えます。その“甘さ”を取り出して結晶にしたのが、砂糖です。砂糖は、自然の恵みがいっぱいの天然食品なのです。

[お砂糖は無漂白!]

砂糖は本来、無色透明の結晶で無漂白です。上白糖やグラニュ−糖のように精製するのは、何にでも使える万能派の砂糖にするため。砂糖が白く見えるのは、結晶の表面で、光が乱反射するからで、雪が白く見えるのと同じです。

[植物からお砂糖ができるまで〜サトウキビ編〜]

1.原料のサトウキビを畑から収穫して、製糖工場に運び、糖汁をしぼります。
2.しぼった糖汁を濃縮し砂糖の元となる原料糖をつくります。
3.原料糖を製糖工場に原糖船で運びます。
4.原料糖を温水溶かした後、糖液中の不純物を念入りに取り除きます。
5.きれいになった糖液を濃縮して結晶をつくり、遠心分離期で結晶と蜜を分離して取り出します。
6.ドライヤ−で乾燥、ク−ラ−で冷却し、おいしい砂糖の出来上がり!

前の「記事」へ戻る 「全公協たより59」へ戻る 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ