料理にかかせないすごい力が7つもあります!●

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

ニド・クレーム・オ・キルシュ
ニド・クレーム・オ・キルシュ


料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!

砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係


砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●料理にかかせないすごい力が7つもあります!

1.腐敗を防ぐ
シャムや羊かんなどのように、たっぷりの砂糖は食品を腐りにくくします。砂糖の「水分を抱え込んで離さない」という性質が、カビや微生物に必要な水分を奪い、活動できなくするのです。

2.やわらかくする
肉料理の前に、肉にあらかじめ砂糖をもみ込んでおくと、やわらかくなります。肉の組織に入り込んだ砂糖が水分をひきつけるので、ジュ−シ−になるのです!

3.泡立ちを保つ
メレンゲやホイップクリ−ムなどをつくる際、砂糖は卵白のタンパク質の水分を抱えこみ、泡をふんわり、きめ細かくします。

4.ふっくらさせる
パン生地に砂糖を加えると、酵母の働きがより活発になり、発生する炭酸ガスで生地がほどよく、ふっくらとふくらみます。

5.食感をつくる
砂糖はスポンジケ−キをふくらませて弾力を出します。マシュマロやアイスクリ−ムなどでは、気泡を取り込み、ボリュ−ムを出します。

6.しっとり、おいしく保つ
飴や羊かん、餅菓子、すし飯などをしっかりと、やわらかく保ちます。砂糖がデンプンの水分と結びつき、パサつきにくくなるのです。

7.やわらかく、なめらかにする
カスタ−ドプリンなどをつくる際に砂糖を加えると、よりやわらかで、なめらかな口あたりに。牛乳や卵の加熱による固まり具合を砂糖がほどよく調整します。

前の「記事」へ戻る 「全公協たより66」へ戻る 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ