四家秀治の「ナイス!ピンアクション」−4

 イチロ−(朝日新聞より掲載)
イチロ−(朝日新聞より掲載)
第4回
第3回
第2回
第1回

●イチロ−と伊良部

 「オリックスのイチロ−をナマで見たい!」

 結婚したての私は、妻にそうせがまれ知人にチケツトを頼み、公式戦が開幕してまだ日が浅いある日、千葉マリンスタジアム(現在のQVCマリンフィ−ルド)ネット裏の席で、千葉ロッテ−オリックス戦を観戦しました。今から15年前、1996年のことです。

 1994年に年間210安打を放ち、すでに名実ともに野球界のス−パ−スタ−になっていたイチロ−の前に立ちはだかった千葉ロッテの先発は、エ−スの伊良部秀輝。

 妻はイチロ−を見られただけで大喜びでしたが、オリックスの他の8人の打者とはまるで違う気迫でイチロ−に対する伊良部と「日本一の剛球投手の球を打つ」闘志を全身に漲らせたイチロ−の、まさに「プロとプロの対決」を4回も見る(4打数1安打1三振)ことができた私は、試合の興味そっちのけで心の底から得をした気持ちになったものです。(参考までに、試合は5−2で千葉ロッテの勝ち。伊良部完投勝利)

 野球を見ること、実況することを生業にして20年以上(ボウリングは15年ほど)になりますが、このときのような感覚は、今もって他に味わったことがありません。

 改めて記録を調べますと、この年、伊良部とイチロ−の対戦はわずか10回(10打席)。しかも、翌年、伊良部は海を渡ってヤンキ−ス入りしてしまいましたので、伊良部対イチロ−はこの年が最後。ほんとうに貴重な場にいられたものだと思います。あっ、ボウリングのコラムでしたね。失礼しました。7月の終わり、伊良部秀輝氏自殺という衝撃的なスポ−ツ紙の大見出しを見た瞬間、思い出されたのが、若かりし日の伊良部−イチロ−対決だったので…。野球のピッチャ−ズプレ−トからホ−ムベ−スまでの距離とボウリングのファウルラインからヘッドピンまでの距離が同じ60フィ−ト(約18.3m)−60フィ−トつながりという事でお許しください。

 さて、皆さんは、ボウリングのト−ナメントを観戦していて、このときの私のように「得をした」と感じたことはありますか?

“ミスタ−・ボウリング” ドン・カ−タ−(米国)
“ミスタ−・ボウリング” ドン・カ−タ−(米国)

 さしずめ、2ヶ月間話題にさせていただいた昨年のジャパンオ−プンの会場にいらした方などは、めったに見られない“パ−フェクトゲ−ム3連発”を見たという点で「得をした」といえるかもしれませんね。それに、ボウリングのト−ナメントは熱戦が多いですし、私など優勝決定の瞬間は、胸が熱くなるのを抑えられないことがほとんどですから、ト−ナメントの観戦って、ほんとうにいいもの…ですよね。でも、確かにいいものだとは思うのですが…

 ト−ナメント終了後、私は選手達に話しを聞くと、高まった気持ちが萎え、少なくとも得をした気持ちではなくなってしまうこともまた、ほとんどなのです。

 なぜでしょう?

 それは…彼らの語るその勝因、敗因の多くが「ボ−ルの選択」に集約されるからです。

 う〜む。

 ボ−ルを選択する「判断力」も「実力」だと思いますので、一つの要素としてはわかるのですが、それが勝因?敗因?

 技術で優ったから優勝し、技術で劣ったから敗れたのではないでしょうか?(ボ−ルの選択は、判断力という実力なのかもしれませんが、技術だとは思いません)

 そういう意味ではBIG BOX東大和カップの決勝でウエンディ・マックファ−ソンに敗れ、会見で「技術の差、引き出しの多さの違いを感じました」と唇を噛み締め完敗を認めた中谷優子プロのコメントには清々しさを覚えました。そして同時に思いました。いつか「あの時の悔しさをバネに必死に練習し、ウエンディに負けない技術を磨き上げました」とウエンディを破った会見の場で胸を張って答える中谷プロに会いたい、と。そのとき私は間違いなく「得をしたなあ」と感じるでしょう。

 伊良部氏の訃報に際し、ふとそんなことを考えていました。

 15年前、千葉マリンスタジアムで火花を散らした2人の、後のメジャ−リ−グでの活躍を見れば、それは野球における世界最高峰レベルの対決だったことがわかります。

 あの日の観客は約26000人。大変安い入場料だったと思います。

 野球とボウリングでは競技の質が違いますが、彼らが決して「打たれた」「打てなかった」理由を自分の技術以外には求めません。

 真のプロフェッショナルな投球を見せてくれた伊良部秀輝氏のご冥福をお祈りします。



四家 秀治 (よつや・ひではる)

元テレビ東京アナウンサ− 7月からは、フリ−。テレビ東京在職中は、ボウリングの実況を多数経験。東京運動記者クラブボウリング分科会代表幹事と、武部勤衆議院議員が会長であるボウリング評議会の理事を2011年3月まで務めた

前の「記事」へ戻る 「全公協たより72」へ戻る 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ