全公協News

小冊子の表紙
小冊子の表紙
 
2012.11
2012.10
2012.9
2012.8

2012.7
2012.6

2012.5
2012.4
2012.3
2012.2
2012.1


2011.12
2011.11

2011.10
2011.9
2011.8
2011.7
2011.6
2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1

2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1
2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1


2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1
2006.12
2006.11
2006.10

小冊子「ボウリング習慣と食生活の改善で健幸華齢を目指そう」を配布

筑波大学の田中教授(熱心なボウラーで右投げと左投げで共に高スコアをマーク)がこの度、シニア向けにボウリングの利点をまとめた小冊子「ボウリング習慣と食生活の改善で健幸華齢を目指そう」を発行されました。全公協はこの小冊子を日場協から購入し、日場協未加盟の会員センターに各3冊を配布した。つきましては小冊子を有効にご活用頂きたいと思います。

●小冊子を総合型地域スポーツクラブの関係者にも配布

日場協と全公協は連名で、上記の小冊子を47都道府県のクラブ育成アドバイザーに配布し、今後総合型クラブの種目にボウリングを採用して頂くように、各クラブに働き掛けて頂きたい旨お願いをした。

●総合型地域スポーツクラブとの連携について

先般、全公協のホームページの「普及活動」を執筆されている宮田哲郎プロの仲介により、(公財)日本体育協会スポーツ振興部クラブ育成課並びに総合型地域スポーツクラブ全国協議会小倉幹事長と協議し、総合型地域スポーツクラブ(総合型SCという)とボウリングの連携について好意的なご返事を頂きました。

つきましては、今後、総合型SCからボウリング場に問合せやご相談があるやも知れません。その節は前向きに対応して頂きますようお願いします。また分からないことや何かございましたら、全公協事務局までご連絡ください。(TEL=03−3453−2725)


●ねんりんピック宮城・仙台2012「ボウリング交流大会」開く

大会プログラム表紙
大会プログラム表紙

上記の大会が、10月13日(土)〜14日(日)宮城県石巻市・プレナミヤギ(BM24レーン)で開催された。ねんりんピックの参加資格は男性55歳以上、女性50歳以上。大会には全国から30チーム60名が参加し技を競った。全公協本部からは伊藤会長、金子事務局長が出席。会場のプレナミヤギは昨年3月11日発生の東日本大震災で津波による甚大な被害を受けたが、高橋社長の強い熱意で見事に再開し、この日を迎えた。場内はレインボーカラーに統一され明るく蘇った。

また競技の合間には歓迎レセプションが開かれた。選手は全員が参加し、地元関係者による歓迎や来賓挨拶が行われ、笑遊会のアトラクションを鑑賞、競技の健闘を誓いながら食事を囲み和やかに歓談した。来年は高知県で開催される。大会成績は次の通り。

【2人チーム戦】スコアはH/C込
優 勝 JBC宮城C  (宮城)       鈴木由記子・鈴木雅之 2617
準優勝 JBC宮城A  (宮城)       澤田秀司・澤田順子  2579
第3位 スポーレボウル (茨城)       北村千・小松眞志   2550

【男子個人戦】
優 勝 加藤剛重     (静岡)  725
準優勝 鈴木雅之     (宮城)  696
第3位 北村千         (茨城)  689

【女子個人戦】
優 勝 鈴木由記子  (宮城)  734
準優勝 石垣マツ子  (宮城)  686
第3位 若林裕子     (宮城)  644

「全公協たより86」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ