●10歳若返りましょう-2

  第2回
第1回

●生活習慣病よ、さようなら!(社)日本プロボウリング協会会員 宮田 哲郎 氏 1939年生

○軽運動の方がよく脂肪が燃える!
「それって有酸素?…」
では、次のクイズにおこたえください。

「汗びっしょりで、ハーハーと息絶え絶え…」は有酸素運動で、
「軽く汗ばみながら、みんながいつもできる運動…」が無酸素?

正解は逆さまです。言葉に逆のイメージがありますね。
下のグラフは軽い運動中におこる脂肪と炭水化物の焼却グラフです。
約30〜40分後から、血液中の脂肪の燃焼が圧倒的に始まることがわかります。




○生活習慣病よ、さようなら!
シニア世代が急死する原因で一番多いのは、長く放置した生活習慣病です。
むかし成人病と言いましたが、過剰にとりこんだエネルギーが
脂肪に変わり、心臓病や高血圧、動脈硬化症などにつながります。
これを予防・軽減するのは運動の役割ですが、さらに筋肉や心臓肺臓の機能
健全に保つ効果があります。でも、選手のように猛烈なトレーニングで
からだを痛めつけたり、連日 長時間やらなくても十分な効果があります。
そして、毎日いつでもできることが健康運動に欠かせないのです。


○安全性が高く快適なボウリング場
下のグラフは、年齢と安全で効果的な運動強化とボウリングですが、ぜひ対比してください。安全環境がすごく優れており安全性が高く、フル・エアコンの快適性など生活スポーツの条件をすべて備えているボウリングを強くお薦めします。



(つづく)

前の「記事」へ戻る 「全公協たより88」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ