確かな未来は、懐かしい風景の中にある

熊野詣での古道(和歌山県すさみ町)
熊野詣での古道(和歌山県すさみ町)

●確かな未来は、懐かしい風景の中にある 俳優 柳生 博 氏 1937年生

「確かな未来は、懐かしい風景の中にある」。これが僕の芯にある言葉です。
柳生家では13歳になると一人旅に出される。僕も茨城の霞ヶ浦のそばの家から山梨の八ヶ岳へ。1カ月の旅から帰ったとき、出発のころ青かった田んぼが黄色く色づいていた。それが懐かしい風景です。

世界に誇れるのは昔ながらの里山だ。雑木林も小川も田んぼも人が手を入れて持続可能に利用してきた。これが壊れ、コウノトリのように一度は姿を消した生き物もいる。

田を知らない都会の子どもに田植えをさせると、「懐かしい」と言う。体験しても、していなくても、懐かしい風景があります。30年以上前、八ヶ岳のふもとの荒れた人工林を買い、伐採をして広葉樹を植え、雑木林はよみがえった。森を手助けして、生き物が機嫌良く暮らせるような環境をつくろうよ。

前の「記事」へ戻る 「全公協たより88」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ