砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介−2

提供:ホームメイドクッキング
(提供:ホームメイドクッキング)
 
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1
砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度

ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ
砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに


砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係


砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

ニッポン放送で毎週金曜日の午後2時38分から10分間「糖業協会プレゼンツ ごごばん!デイリースペシャル からだイキイキ楽しい食卓」(番組提供:公益社団法人糖業協会)が放送されている。

パーソナリティー上柳昌彦氏とスペシャルパートナーの山瀬まみさんがゲストを相手に、その時々の食生活や健康にまつわる話題についてトークを展開していくことによって番組が構成されている。

昨年10月5日に、糖業協会橋本理事の出演により放送された内容を、次の通りご紹介します。

●  砂糖消費量の1/3が国産糖

上柳           沖縄・鹿児島よりも北海道の方が5倍も多く、お砂糖が作られることは分かりましたが、橋本先生!日本で消費されるお砂糖の場合、国産と輸入の割合はどれくらいですか?

橋本          日本のお砂糖消費量は、210万トン位といわれています。

上柳          210万トンといいますと、単純計算で東京ドーム1.7個分ですね。

橋本          そのうちの1/3、70万トンが日本国内で作られる原料糖から生産されるお砂糖です。これを『国産糖』といいます。残りの2/3は、オーストラリアやタイなどから輸入された原料糖から作られます。これを『輸入糖』といいます。

ティラミス
ティラミス

上柳          海外で作られた砂糖の方が安い!と聞いていますが?

橋本          確かにオーストラリアやタイなどで作られる砂糖の方が、国産糖よりは安いです。耕作面積や農業経営の規模では、日本は残念ながら海外にはかないません。

上柳          でも、お砂糖の全てを海外に依存するわけにはいかないですよね?

橋本          “食料の自給自足”という点でも重要です。沖縄の離島での産業としては、サトウキビでお砂糖を作ることが適しているわけです。産業以外にも、離島にサトウキビを植えることは大変意義があります。離島を、無人島にしておくわけにはいきません。防衛上の問題もあります。そのためにも、サトウキビを植えておくことが大切です。

上柳          北海道の砂糖大根も農作上、重要な役割があるそうですね。

橋本          『輪作』という言葉を聞いたことがありますか?

上柳・山瀬    どういったものですか?

橋本          “同じ畑に毎年、違う種類の作物を順番に作ること”です。輪作には土の性質を良くしたり、病気や害虫の被害を少なくする効果があります。この輪作に、砂糖大根が重要な役割を担っているのです。北海道では小麦、砂糖大根ジャガイモ、豆類を順番に植える輪作体制で栽培を行っています。この輪作によって、畑の自力のバランスを保っているのです。砂糖大根を輪作の1つに入れないと、他の作物ができません。

(つづく)

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

前の「記事」へ戻る 「全公協たより97」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ