米国ボウリング最新事情-3・インターナショナル ボウル エクスポ 2014視察報告−2

秋田県公認競技場協議会  会長  船 木  寛

 6月22日から26日までの5日間にわたり米国フロリダ州オーランドで開催された、インターナショナル ボウル エクスポ を視察してきました。

  第3回
第2回
第1回

 その後、6月25日、26日の2日間にわたりトレードショーが開催されましたが、300の出展ブースがあり、大盛況でした。

 写真には写っていませんが、驚いたことに、オリンピック関係者をボウリング関係団体の会長たちが案内して、ボウリングをオリンピックの正式種目にするためのロビー活動をしていました。
 私も夜の食事会に招かれて、オリンピック関係者と食事をしながらロビー活動のお付き合いをしてきましたが、米国ボウリング界は本気で東京オリンピックの次の2024年のオリンピックでのボウリング正式種目入りを狙っているということで、その熱気を帯びた活動を目の当たりにしてきました。
 日本でも、東京オリンピックを機会に、これからオリンピック関係者が数多く訪れることになるので、来日するオリンピック関係者に対してボウリングのPRをしていけば、少ない予算でも効果的な活動ができるのではないかと思われます。

前の「記事」へ戻る 「全公協たより108」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ