砂糖は笑顔のエネルギー

チキンと野菜のふわふわパスタ(提供:ホームメードクッキング)
チキンと野菜のふわふわパスタ
(提供:ホームメードクッキング)

 
砂糖は笑顔のエネルギー
砂糖は料理のベストパートナー
 
砂糖は米や蕎麦などと同じ炭水化物1g=4k cal
砂糖は料理のベストパートナー

砂糖は運動能力を伸ばすエネルギー源

砂糖で心もカラダもリラックス
砂糖を上手に摂って健康なカラダづくり
砂糖は脳とカラダに大切なエネルギー

砂糖には消費・賞味期限はありません
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は植物から作られた自然食品
砂糖は笑顔のエネルギー

砂糖は料理のベストパートナー
砂糖啓発 オリゴ糖と健康

砂糖啓発 オリゴ糖と健康
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-3
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1
砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度


ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力
お砂糖の種類と特徴

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ


砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに
砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●脳も体も砂糖が大好き 東京農業大学 名誉教授 中西 載慶(ことよし)氏 1947生

 砂糖には、歴史あり、文化あり、科学あり。おいしい料理やスイーツも、さまざまな食品や酒や医薬品製造の原料も、砂糖あればこそ。最近では、バイオエタノール製造の原料としても注目されています。砂糖は本当に身近で有益、話題豊富な物質です。そこで、今回は、砂糖の歴史と味覚と効果にまつわる話を易しく分りやすくまとめました。

 サトウキビの原産地は、南太平洋のニューギニア周辺といわれ、紀元前2000年ごろには、既にインドで砂糖がつくられていたようです。一方、てん菜(さとうだいこん、ビートともいう)の発見は17世紀初頭で、製糖技術の確立は18世紀半ばですから、サトウキビの歴史に比べれば、ごく最近のことです。日本でのサトウキビやてん菜からの砂糖生産の始まりは、諸外国に比べるとかなり遅く、サトウキビからは江戸時代、てん菜からは明治以降と記録されています。平成23砂糖年度の国内生産量は約67万トン、サトウキビから約11万トン、てん菜から約56万トンです。一方、砂糖の消費量は205万トンですから、自給率は33パーセント。つまり、67パーセントを輸入に頼っています。世界的にみると、我が国の砂糖消費量は少なく、世界149カ国中105番目です。また、日本人一人当たりの年間消費量は約18キログラムで、欧米諸国の1/2 〜1/3です。甘い食べ物があふれている現状をみると、ちょっと意外な気もしますが、ダイエットブーム“甘さ控えめ”が影響しているのかもしれません。

 砂糖生産の始まりに比べ、日本への砂糖の伝来は意外と古く、天平時代の753年に鑑真和上が薬として持参したと伝えられています。鑑真和上とは、中国唐の時代の名僧で、当時の日本に招聘(しょうへい)できるなどありえない人物でした。当然、時の玄宗皇帝も、その才能流出を惜しみ、日本への渡航を決して許さなかったとのこと。それにもかかわらず、鑑真は、なぜ6回も密航を企ててまで日本に来ようとしたのでしょうか。高齢と失明という、幾多の艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越えてまで。そこには、鑑真の仏教に対する純粋な熱い思いと、2人の若い日本人僧のひたむきな懇願と情熱に心が揺り動かされたからとも伝えられています。この真実と物語にふれると、あらためて人間の凄さと偉大さと素晴らしさを感じ、心が洗われる気持ちになるのです。今年(2013年)は、名僧鑑真の没後1250年にあたります。それを記念して、国宝の鑑真和上坐像が色彩鮮やかに複製され、お身代わり像として、6月に一般公開されるとのこと。唐招提寺に出かけて奈良時代と平成の像を見比べつつ、悠久の歴史に思いを馳せ、鑑真の足跡にふれてみてはどうでしょうか。

(つづく)

農畜産業振興機構ホームページより掲載

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

前の「記事」へ戻る 「全公協たより114」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ