砂糖は脳に素早く届くエネルギー

生ハムとじゃがいものソテー(提供:ホームメードクッキング)
生ハムとじゃがいものソテー(提供:ホームメードクッキング
 
砂糖は脳に素早く届くエネルギー
砂糖は笑顔のエネルギー
砂糖は料理のベストパートナー
 
砂糖は米や蕎麦などと同じ炭水化物1g=4k cal
砂糖は料理のベストパートナー

砂糖は運動能力を伸ばすエネルギー源

砂糖で心もカラダもリラックス
砂糖を上手に摂って健康なカラダづくり
砂糖は脳とカラダに大切なエネルギー

砂糖には消費・賞味期限はありません
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は植物から作られた自然食品
砂糖は笑顔のエネルギー

砂糖は料理のベストパートナー
砂糖啓発 オリゴ糖と健康

砂糖啓発 オリゴ糖と健康
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-3
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1
砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度


ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力
お砂糖の種類と特徴

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ


砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに
砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●脳も体も砂糖が大好き―2 東京農業大学 名誉教授 中西 載慶(ことよし)氏 1947生

 ところで、“おいしい”、“うまい”の語源は“甘い”からきているとのこと。甘さはうまさに通じるとすれば、砂糖はうまくおいしいことに間違いはなさそうです。人は甘さの味覚を先天的にもっていて、赤ちゃんもミルクの甘さ(乳糖)をしっかり味わっているそうですから、甘さは人間が経験する最初のおいしさの感覚といえます。しかし、化学的には、砂糖の甘みはしょ糖で、うまみはグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸などの物質ですから、甘いとうまいは別の成分ということになりますが・・・。

 甘い話に関連して、人間の味覚について少しばかり。味の基本的要素は、甘味、塩味、酸味、苦味の4種類です(うま味を加え5種類という場合もあります)。甘味、塩味、うま味は、人体に必要な栄養分を含んでいるので、必然的に皆が好ましい味と感じます。酸味は、食物の腐敗とも関係する味なので注意信号と認識します。一方、多くの毒物は、苦味があるので、人は苦味を有害物として本能的に避ける傾向があります。人が味の物質を感知する最低の濃度を「閾値(いきち)」といい、苦味の閾値は、砂糖の甘味の1,000分の1です。言い換えれば、苦味は甘味に対して1,000倍も感度が高いということです。つまり、苦味のある食物を口にした時、微量でもその味を感知して、有害(毒物)か否かを判断できるようになっているのです。これは、人間の本能、生体防御機構の1つでもあります。乳幼児が、酸っぱいものや苦い食べ物を好まず避けようとするのはそのためです。

 もう少し科学的に説明すると、口に入った味物質は、まず舌の表面にある味蕾という味の受容器に取り込まれます。この味蕾の中には、それぞれの味を感じ取るための味覚細胞があり、その細胞表面には、味物質(味分子)を受け取る受容体があります。もちろん、この受容体はそれぞれの味分子に対応しているので、例えば甘味においては、しょ糖分子が味覚細胞の受容体と結合します。すると、その化学刺激が電気信号として感覚神経系を通じて脳に伝達され、甘味を感じるのです。厳密には、味の種類によって、受容体との化学反応とその伝達メカニズムは少し異なっているので、結構複雑な話です。

 ちなみに、味蕾の数は7,000〜9,000個程度あり、舌の上に均等には存在せず、部分的に集中しているとのこと。また、味細胞も、10日に1回の割合で、入れ替わっているとのことです。いずれにしても、味覚の科学は難解ですが、一言でいえば味覚は味物質と細胞の化学反応で、舌と脳で感じるということです。もっとも、舐めてみればすぐ分かるといわれれば、そのとおりですが・・・。

(つづく)

農畜産振興機構ホームページより掲載

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

前の「記事」へ戻る 「全公協たより115」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ