●子どもの成長に“砂糖の力”が不可欠

トマト味のさわやか酢豚
トマト味のさわやか酢豚
(提供:ホームメードクッキング)
 
子どもの成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は脳に素早く届くエネルギー
砂糖は笑顔のエネルギー
砂糖は料理のベストパートナー
 
砂糖は米や蕎麦などと同じ炭水化物1g=4k cal
砂糖は料理のベストパートナー

砂糖は運動能力を伸ばすエネルギー源

砂糖で心もカラダもリラックス
砂糖を上手に摂って健康なカラダづくり
砂糖は脳とカラダに大切なエネルギー

砂糖には消費・賞味期限はありません
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は植物から作られた自然食品
砂糖は笑顔のエネルギー

砂糖は料理のベストパートナー
砂糖啓発 オリゴ糖と健康

砂糖啓発 オリゴ糖と健康
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-3
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1

砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度
ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力
お砂糖の種類と特徴

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ


砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに
砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●脳も体も砂糖が大好き―3 東京農業大学 名誉教授 中西 載慶(ことよし)氏 1947生

 少々頭の痛くなるような話で、脳が疲れたと思います。そこで最後に、脳の活性化には砂糖が最適という話。人の脳は体重の約2パーセントほどですが、摂取する総エネルギーの20パーセント近くを消費しています。しかし、脳のエネルギー源はブドウ糖だけで、タンパク質や脂肪は利用できないのです。そのうえ、ほとんどブドウ糖を蓄えておくこともできません。脳は、四六時中働いていますから、常にブドウ糖を補給し続けなければならないのです。ちなみに、安静時でも一日120グラムものブドウ糖が必要です。それゆえ、体のみならず脳にとっても砂糖やでん粉(ブドウ糖が多数結合している)などの糖質は必要不可欠な物質なのです。

 特に、砂糖はでん粉より消化吸収が速く、小腸で瞬時にブドウ糖と果糖に分解・吸収され、数十秒で血液に取り込まれ、脳に送られます。それゆえ、脳の即効性のエネルギー源として優れているのです。また、砂糖は、ストレスを和らげたり心身をリラックスさせる働きをする物質(β―エンドルフィン)や精神を落ち着かせる働きをする物質(セロトニン)の生成も促進させるとのこと。疲れたとき、ストレスが溜まったとき、集中力を必要とするとき、素早い脳の活性化に砂糖は最適です。適度、適量の砂糖は、甘くておいしいばかりでなく、手軽で簡単な脳と体の栄養剤ともいえるのです。

農畜産業振興機構 ホームページより掲載

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

平成27年度砂糖啓発活動に協力

フルーツレアチーズ クリームかけ
フルーツレアチーズ クリームかけ

 全公協は、公益社団法人糖業協会(東京都千代田区)が行う平成27年度砂糖啓発活動に、引き続き協力する。今年で9回目となる。期間は4月10日(金)〜6月10日(水)までの2カ月間で、全国47都道府県の50センターが協力する。啓発内容は、啓発横断幕・ポスターの場内掲示とパンフの配布。砂糖は、「脳とカラダに大切なエネルギー」であることを全国で啓蒙・PRする。

●協力センター

≪東日本地区≫ 27センター

(北海道)帯広スズランボウル(青森)アオモリボウル(岩手)盛岡スターレーン(宮城)プレナミヤギ(秋田)ロックンボウル(山形)山形ファミリーボウル(福島)からしまボウル福島(茨城)フジ取手ボウル(栃木)足利スターレーン(群馬)パークレーン高崎(埼玉)埼玉スポーツセンター(千葉)ときわ平ボウリングセンター(東京)西東京レーン、マルアイボウリング、高田馬場グランドボウル(神奈川)新杉田ボウル(山梨)ダイトースターレーン(新潟)サウンドボウル見附店(長野)アピナボウル松本城山店(富山)富山地鉄ゴールデンボウル(石川)ジャンボボール(福井)スポーツプラザWAVE40(静岡)浜松毎日ボウル(愛知)稲沢グランドボウル、名古屋グランドボウル(三重)津グランドボウル(岐阜)土岐グランドボウル


≪西日本地区≫ 23センター

(滋賀)ボウル滋賀(京都)しょうざんボウル(大阪)イーグルボウル(兵庫)神戸六甲ボウル(奈良)オプトボウルタカダ(和歌山)和歌山グランドボウル(鳥取)クィーンボウル(島根)松江センターボウル(岡山)コーシンボウル(広島)広島パークレーン(山口)下関ロイヤルボウル(香川)太洋ボウル(徳島)スエヒロボウル(愛媛)桑名ボウル(高知)ボウルかつらしま(福岡)博多スターレーン(佐賀)メリーランドタケオボウル(長崎)長崎ラッキーボウル(熊本)松橋ボウリングセンター(大分)日田アストロボウル(宮崎)宮崎エースレーン(鹿児島)サンライトゾーン(沖縄)スポーツワールドサザンヒル

前の「記事」へ戻る 「全公協たより116」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ