織田信長と砂糖−2

シャキシャキ鶏つくね
シャキシャキ鶏つくね
(提供:ホームメードクッキング)
 



織田信長と砂糖−2
織田信長と砂糖−1
子どもの成長に“砂糖の力”が不可欠

砂糖は脳に素早く届くエネルギー
砂糖は笑顔のエネルギー
砂糖は料理のベストパートナー
 
砂糖は米や蕎麦などと同じ炭水化物1g=4k cal
砂糖は料理のベストパートナー

砂糖は運動能力を伸ばすエネルギー源

砂糖で心もカラダもリラックス
砂糖を上手に摂って健康なカラダづくり
砂糖は脳とカラダに大切なエネルギー

砂糖には消費・賞味期限はありません
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は植物から作られた自然食品


砂糖は笑顔のエネルギー

砂糖は料理のベストパートナー
砂糖啓発 オリゴ糖と健康

砂糖啓発 オリゴ糖と健康
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-3
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1
砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度
ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力
お砂糖の種類と特徴

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴


砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ
砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに
砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●織田信長と砂糖 褐ユ屋 虎屋文庫 相田 文三 氏

●砂糖の贈り物

 砂糖の国内生産が始まるのは江戸時代に入ってからで、信長の時代には、南蛮菓子だけでなく、砂糖自体を贈答する事例も見られます。例えばフロイスと会見した永禄12年、信長は正親町(おおぎまち)天皇へ砂糖を献上しています(『御湯殿の上の日記』)。また、天正8年には土佐(高知県)の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)から信長へ、砂糖3,000斤(約1,800kg)が贈られました(『信長公記』)。当時の砂糖の価値からすれば桁外れともいえる贈り物ですが、長宗我部氏はなぜここまでして信長の勧心を買おうとしたのでしょうか。

大正8年(1580)当時の勢力図

 長宗我部氏と信長は、畿内(近畿地方)から阿波(徳島県)・讃岐(香川県)に勢力を張る三好(みよし)氏に対抗するため、天正3年ころから友好関係にありました。しかし天正8年当時、三好氏の勢力は衰退、両者が手を結ぶ意味は薄れていました。さらに、阿波・讃岐へと勢力を拡大していた長宗我部氏に圧迫された三好氏は、かつての敵、信長に保護を求めたのです。

 “三好氏が信長の傘下に入れば、阿波・讃岐には手を出せなくなる”。四国統一を目指す長宗我部氏にとって、信長が三好氏側に付くことはなんとしても避けたかったはずです。3,000斤もの砂糖を用意するのは並大抵の努力ではなかったと考えられますが、信長との関係が微妙になっていることをわかっていたからこそ、大きな出費もいとわなかったのでしょう。

 ところが、信長は贈られた砂糖を、すぐに側近の馬廻衆(うままわりしゅう)に与えてしまいました。南蛮貿易の拠点である堺(大阪府)を押さえていた信長は、砂糖が比較的入手しやすい立場であったため、気前良く部下に分け与えたのでしょう。結局、砂糖の贈り物は信長の心を動かすにはいたらなかったのか、翌天正9年頃から信長は三好氏を保護して、長宗我部氏と対立するようになります。

(つづく)

農畜産業振興機構 ホームページより掲載

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

前の「記事」へ戻る 「全公協たより118」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ