悲しい過去をもつ南国の酒−1

宮崎・堀切峠の日の出
宮崎・堀切峠の日の出

 



悲しい過去をもつ南国の酒−1
織田信長と砂糖−3

織田信長と砂糖−2
織田信長と砂糖−1
子どもの成長に“砂糖の力”が不可欠

砂糖は脳に素早く届くエネルギー
砂糖は笑顔のエネルギー
砂糖は料理のベストパートナー
 
砂糖は米や蕎麦などと同じ炭水化物1g=4k cal
砂糖は料理のベストパートナー

砂糖は運動能力を伸ばすエネルギー源

砂糖で心もカラダもリラックス
砂糖を上手に摂って健康なカラダづくり
砂糖は脳とカラダに大切なエネルギー

砂糖には消費・賞味期限はありません
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は植物から作られた自然食品


砂糖は笑顔のエネルギー

砂糖は料理のベストパートナー
砂糖啓発 オリゴ糖と健康

砂糖啓発 オリゴ糖と健康
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-3
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1
砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度
ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力
お砂糖の種類と特徴

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴


砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ
砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに
砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●悲しい過去をもつ南国の酒 東京農業大学 名誉教授 中西 載慶 氏

 酒は、それぞれの国のそれぞれの民族が、自然と共生しながら地域の産物を巧みに利用し、優れた知恵とたゆまぬ努力によりつくりだしたものです。酒の原料や製造法はさまざまですが、いずれもその地域の気候風土と密接に関係しています。例えば気温の高いサトウキビ栽培の盛んな国では、当然砂糖からつくられる名酒があります。そこで、今回は、その代表ともいえるラム酒と黒糖焼酎にまつわる話を紹介します。

 酒は、果実や穀物などを原料につくられますが、原料と製造法の違いにより数えきれないほど多くの種類があります。それらの酒を製造法により分類すると、醸造酒と蒸留酒と混成酒の3つに大別されます。醸造酒は、果実などの場合はそのまま、穀物などの場合は原料を糖化したのち、酵母により発酵し清澄化して酒とします。蒸留酒は、醸造酒を蒸留してアルコール度数を高め、一般に木の樽やタンクなどに貯蔵してつくります。混成酒は、醸造酒や蒸留酒に果実、花、葉、根などを加えてつくります。それら酒類の代表的な酒と原料などを表に示しました。ちなみに、わが国の酒税法では、アルコールを1パーセント以上含む飲料を酒類と定義し、その製造から販売までのすべてにおいて、この法律に従う必要があります。また、酒税法では、すべての酒類を4種類18品目に分類し、それぞれ異なった税金が課せられています。



 少し前置きが長くなりましたが、ここからが本題のサトウキビからつくられる酒の話です。その代表は、なんといってもラム酒(ラム)です。ラムは、カリブ海諸島のキューバ、ジャマイカ、プエルトリコなどの代表的な蒸留酒です。その起源は、コロンブスの西インド諸島発見後、サトウキビが栽培されるようになった16〜17世紀ごろ、プエルトリコあるいはバルバドス島で始まったといわれています。ラムの語源は、サトウキビのラテン語名に由来するという説、原住民が飲んで騒いだ様子を表す言葉説、英国の海軍大将のニックネーム説など、さまざまあり、定かではありません。

 ラムの製造法は、比較的シンプルで、基本的には、糖蜜(サトウキビの搾り汁を煮詰め結晶化させた砂糖をとった残りの液で糖分は約60%)を水で薄め35〜45℃で発酵注させた後、それを蒸留して樽に数年間貯蔵して完成です。ラムは、風味の異なるヘビーラム、ミディアムラム、ライトラムの3つのタイプに分類されます。その違いは、原料、発酵方法、蒸留方法、貯蔵期間などの違いに起因しています。ヘビーラムは、ジャマイカ産が有名で、色が濃く、香りが強く、成分的にも高級脂肪酸類やそれらのエステル類、アルデヒド類などが多く複雑な味わいです。ライトラムは、キューバやプエルトリコ産に多く、色は無色から淡黄色で、軽快な風味です。ミディアムラムは、その中間的性質です。いずれもアルコール度数が高い(37〜45%)ので、一般には、水やコーラなどで割って飲まれているようです。

(つづく)

農畜産業振興機構ホームページより掲載。

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

前の「記事」へ戻る 「全公協たより120」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ