米国ボウリング最新事情-9

  第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回

●米国ボウリング事情−9●

レッドロックレーンズ玄関口 ボウリング場入り口

●ラスベガス・ボウリングセンター視察報告 2015年6月25日〜26日

                     ヒサカプロショップ代表 日阪 義人 氏

■Red Rock Lanes Bowling center 2008年オープン
立地:ラスベガス郊外の高級住宅地に位置する
ハイブリッドセンター 72レーン
ボウリングセンターの総工費 42億円

VIPレーン VIPレーンボウラーズエリア

一般営業レーン60レーンに隣接して、VIP専用12レーンを設けている。
VIP専用レーンは4レーン単位、3区画に分けることができ、12レーン全てオープンに使うこともできる。正面のマスキングはスクリーンになっていて、ボウリングだけではなく多目的に使用することが可能で、実際にリッチなホームパーティーやライブ等に使われるケースが多い。
使用料が高額で、3時間、4レーンで約17万円(飲食代は含まれていない)とのことで、ボウリング売上全体の25%を占めている。

一般営業レーンのトリオリーグ ロッカールーム

フロント プロショップ

一般ゲーム料金は時間帯、曜日によって異なるが、1ゲーム単価3ドル〜5ドル。
営業時間は通常AM8:00〜AM2:00で、週末の金曜日は24時間営業。
リーグボウラーは、シーズンが始まる秋からは1400名で夏は1000名。
リーグ本数は秋シーズン週14本から16本、夏シーズン週12本で午前、午後、夜間に亘って行われている。単純に参加人数で割ると1リーグの参加者数は多い。
リーグの基本はチーム戦であるが、ダブルス戦か4人チーム戦が主である。
リーグ期間は秋シーズン26週と長期で、夏シーズは13週で行われている。
リーグゲーム売上は全体の15%で60%は一般営業のゲーム収入。
営業形態として、金・土曜の夜はコズミックボウリングで混雑している。
平日昼間帯は日本同様シニアリーグ、夜間はヤング、アダルトが主体で土曜朝はジュニアリーグが行われている。

前の「記事」へ戻る 「全公協たより120」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ