四家秀治の「ナイス!ピンアクション」−51

 阪神甲子園球場
阪神甲子園球場
 第51回 第50回
第49回
第48回
第47回
第46回

第45回
第44回
第43回
第42回
第41回
第40回
第39回
第38回
第37回
第36回
第35回
第34回

第33回
第32回
第31回
第30回
第29回
第28回
第27回
第26回
第25回
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回

第13回
第12回
第11回

 
 第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回

●甲子園球児とプロ野球選手の趣味:ボウリング

 高校野球シーズンが終わったと思ったら、今年は野球のU18ワールドカップが日本で初めて開かれ、9月に入っても高校生たちの野球の話題が尽きませんでした。野球に限らずいつの時代もスーパー高校生が現れるとスポーツ界は盛り上がります。陸上でも水泳でも未来の、あるいはすでに世界の頂点を争うレベルの10代の選手が次々に脚光を浴び、今年は日本スポーツ界将来への大いなる期待を抱かせる夏だったと言えるのではないでしょうか。

 ここ数年、実は私、高校野球に絡んだ仕事をすることが多くなってきましたので、甲子園に出場する選手のデータを雑誌等で見る機会が増えました。そこで目につくのが趣味の欄に「ボウリング」と書いている選手の存在です。ハッキリしたことは統計を取っていないのでわかりませんが、特に今年は春も夏も
趣味:ボウリング
と書いている甲子園球児が多かったように思うのです。
 これはボウリングの競技人口に直接繋がるものではありませんが、
大衆スポーツ、リクリエーションスポーツ=ボウリング
としては大いに注目すべきことではないでしょうか。

 それでは…と、彼らにとって野球界の先輩であるプロ野球選手について、こちらは某出版社が発行している2015年の選手名鑑から日本プロ野球12球団現役全選手の趣味の欄を調べてみました。
 すると、ボウリングと答えている選手は全部で25人でした。
 では、数年前はどうか?と思い、たまたま手元にあった同じ出版社から出ている2011年の選手名鑑をこれまた丹念に調べてみると全くの同数、25人でした。
 もちろん、4年前も今年も同じく「趣味:ボウリング」と書いている選手もいますが、それは全体のほぼ半分でした。この間に引退した選手も、新たにプロ野球界に入った選手もいますから選手はかなり入れ替わっています。またこの4年で趣味が変わった選手も当然います。それでもボウリングが趣味という日本プロ野球(NPB)に所属する選手は25人いるということです。
 ちなみに現在はMLBに行ってしまった田中将大選手も2011年の選手名鑑で「趣味:ボウリング」と答えています。また、趣味がボウリングなのは全体的に若い選手でした。

 この数字と傾向を皆さんはどう思われるでしょうか?
 (プロ野球選手の趣味といったら、かつてはゴルフと麻雀というイメージですが、2011年も今年も趣味:麻雀と書いた人は1人だけでした。ゴルフは今も非常に多いですね)

東京ドーム
東京ドーム

 大衆スポーツ、リクリエーションスポーツとしての観点から、ボウリングは残念ながら久しく明るい話題を聞きません。
 曰く、売り上げが減った、ボウリング場が閉鎖された…等々。
 そんな中、私は今年の甲子園球児とプロ野球選手名鑑から滲み出てきた数字は、大変いい傾向なのではないか?と思うのです。
 相変わらず日本では競技人口がトップであると断言してもいい野球選手にボウリングはかなりの割合で愛されているわけです。
 やや強引ですが、これはつまりボウリングは日本のトップアスリートに支持されているスポーツの一つということです。
 この事実をボウリング業界としてうまく取り入れることはできないものでしょうか?
 え?だからってプロ野球オフシーズンに
 プロ野球選手対抗ボウリング大会をやる?
…そのような単純なことではありません。
 彼らはなぜボウリングを愛するのか?
 それがわかることでボウリング業界の起爆剤になるかもしれません。
 何か妙案はないものでしょうか?

 猛暑が去って少しずつ秋風が感じられるようになり、野球のU18ワールドカップを観戦しながらそんなことをツラツラ考えていた私でした。

四家 秀治 (よつや・ひではる)

四家 秀治 (よつや・ひではる)

元テレビ東京アナウンサ− 2011年7月からはフリ−。テレビ東京在職中は、ボウリングの実況を多数経験。東京運動記者クラブボウリング分科会代表幹事と、武部勤衆議院議員が会長であるボウリング評議会の理事を2011年3月まで務めた

前の「記事」へ戻る 「全公協たより120」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ