米国ボウリング最新事情-10

  第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回

●ラスベガス・ボウリングセンター視察報告 2015年6月25日〜26日

                     ヒサカプロショップ代表 日阪 義人 氏

■Brooklyn Bowl

立地:ラスベガス市内の中心地
ブティックモデルのセンターで32レーン2フロア

 ニューヨークのブルックリンボウルが同スタイルでラスベガスにもオープン。現在はロンドンにもオープンし、3センターを展開している。
 ボウリングとライブハウスをコラボレーションした異色のセンターで、オナーがコンサートを主体に、他の違うこととコラボしたかったというのがコンセプト。たまたまオナーがボウリング好きであったため、ニューヨークでボウリングとライブをコラボしてみたらヒットしたことでラスベガスにも出店、その後ロンドンにも出店した。
 コンサートは週3回行われ、プロのミュージシャンを招聘して行われている。アーティストの中には大物ロックバンド(ボン・ジョヴィ)などのライブも開催され、その際にはコンサートを優先して、ボウリングは休業となる場合もある。
 ボウリングは時間貸しで、1レーン1時間100ドルで食事とドリンクも含まれるが、
ライブコンサートがあるときは別途(60ドル/1名)料金が発生する。
ライブハウスだけが目的の場合は別料金で通常は60ドル、大物歌手は250ドルとアーティストによって異なり、幅広い。
 ボウリングの使われ方は主にプライベートパーティーで、ボウリングとライブを同時に楽しみたいという客層が主でリーグなどは行われていない。
 社員の構成はライブハウス、ボウリング、レストランのそれぞれパートに分かれ、通常は40名体制、ライブ開催日は80名、ビッグライブでは200名体制の場合もある。
米国の都市型営業での異色なブティック型センター。

ブルックリンボウル外観 ブルックリンボウル入口
ブルックリンボウル外観 ブルックリンボウル入口
ボウリングとミュージックのコラボレーションを表すモニュメント ボウリングとライブハウスが同じ空間に隣接している
ボウリングとミュージックのコラボ
レーションを表すモニュメント
ボウリングとライブハウスが同じ
空間に隣接している
ボウリングとライブを同時に楽しむことができる レストランも充実している
ボウリングとライブを同時に楽しむ
ことができる
レストランも充実している
ライブハウスでは開演に向けてのリハーサルが行われていた パーティーボウリングも盛り上がっていた
ライブハウスでは開演に向けての
リハーサルが行われていた
パーティーボウリングも盛り上がって
いた

前の「記事」へ戻る 「全公協たより121」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ